2014年8月20日水曜日

オススメ イラスト・お絵かきアプリ。





一応、練習用エルサということで。(^ェ^);


デジ画をきちんと描かれているかたやデジ画好きのから見たら
突っ込みどころ満載だとは思いますが、まだいたずら書きレベルなのでお許しを。m(_ _);m


まずは自分の小説などに
簡単な挿絵が付けられるレベルの絵が描けるようになりたいとの思いから始めたもので……

これから少しでもちゃんとした絵が描けるよう、頑張ります。(-ェ-);



でも機械オンチの私にも優しい『Procreate - Savage Interactive Pty Ltd』、
 このアプリ、最高です!!(TェT)b☆。+.。゚:;。+

すごい簡単に描けますよ!!(>ェ<);。+.。゚:;。+

ぜんぜん機能を使いこなせてない私でもそう思うのだから、プロのデジ絵師さんにとっては
すさまじく便利なのではないかと思います。(^ェ^);


(↑スポイトってどうやるんでしたっけ?(-ェ-);みたいな。日本語版の本の説明書が欲しい…(TェT))



最初からたくさんの種類の(しかも使えそうな!)ブラシや筆先のタイプが入っていて、
自分の筆圧等に合わせて細かく調整できるので、
こだわればかなりアナログに近い感じで描くことができると思います。




パレットは最近グレードアップされて、↑
こんな感じ+色ナンバーを自分で入れて選ぶことができます。




筆先や色を選んだ後、描いている時の画面はこんな感じ↑で画面全体が見えるため、
かなりすっきりしています。

そしてパレットを出す時に間違って線を引いてしまうということもほとんどなく、使いやすいです。


アプリの感度が良いので、
100円くらいの太い普通のタッチペンでもけっこう描ける気もします。(^ェ^);





そして私にとって、いちばんありがたいのは、
何と言っても指でちょうど良い「ぼかし」ができることですね!!(TェT)♥。+.。゚:;。+

これがアナログに近い感覚でできるだけでもかなり幸せです。(^ェ^)。+.。゚:;。+



今は600円くらいで買えると思うので、

10万円以上出していたフォトショップなどと比べたらもう……

絵を描くだけなら、確実に簡単便利でお得です!!!!!!!!!よ。(TェT)b♥ 。+.。゚:;。+








もう一つご紹介するのは『Tayasui Sketches - Tayasui.com』……

自分が何を使っているかは、アイコン画像で覚えているので、
さっき初めて改めて名前を確認したのですが……


たやすい?スケッチャーズ?容易いってこと??(-ェ-); 日本語っぽい英語?? ん?





とにかく、こちらはこちらでちょっと面白い機能が。見た目も可愛いのでオススメです。(^ェ^)



 何種類かの中から、自分好みのスケッチブックを複数作成できます。




 描いた後の画像は、上にスライドさせると黒い封筒に入ります。

そして切手マークのアイコンを横から選んではりつけて、
さらに上にスライドさせると、切手のマークの送り先に送ることができます。



上の例はTwitter ですね。(^ェ^) 
ピヨピヨ言って送られていくので可愛いです。(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+



ただし、「本当に送りますか?」とか一回聞いてはくれないので、
気を付けないと、おかしないたずら書きなどが世間に出回ることも……

最初は無難な絵などで送り先でどのように表示されるか、
試してみることをオススメします。(^ェ^);





描く画面はこんな感じ。↑

左横の画材一覧などはスクロールしてしまうこともできますが、
なぜかその動きも筆跡として残ってしまうこともあるので微妙。(-ェ-);

一番下の付箋みたいなのを二回タップすると真ん中のような色調整が出ます。


便利なのは消しゴム。二回タップですべて消すことができます。


基本は無料ですが、レイヤーなどは後で課金購入になります。
(※3回まで、一時間ずつのお試しができるようになっています。)


簡単なイラストなど、絵ハガキを描く感覚で使用するには最適だと思います。








最後に『Paper by FiftyThree - FiftyThree, Inc.』。

『53』 って覚えたほうが早いですね。検索もこれで出ますし。(^ェ^);




こちらはデッサン帳や、アイデアメモを描いておくのに良い感じです。



やっぱりこんな感じで↑、自分好みの表紙を選んだり、
写真や画像読み込みで作ったりできます。


 ちなみに注文すれば、このメモ帳がリアルに本にもできるそうです。
旅行記のメモや、簡単な絵本のプレゼントにも良いですね。(^ェ^)






描く画面はこんな感じ。↑パレットで色を選ぶやりかたが独特で面白いです。
○の中を二回タップで調整画面が出ます。


が、レイヤーはあるのかな……?私は知らないだけだったらごめんなさい。(-ェ-);

一番左端のボタンの意味とか、いまいちまだ分かってないですが。(^ェ^);



 ↓右端に説明メモがついていますが、やっぱり全面英語です。(-ェ-);


一番左端には、このアプリを使って描いた他の方たちの作品が表示されるようになっています。

こんな限られた機能でこんなすごい絵を描く人がいるんだ!!(>ェ<);

って驚かされます。(^ェ^);

こちらも基本は無料のアプリです♪





他にも選びきれないくらいたくさんのお絵かきアプリ(ほとんどが基本は無料)がありますが、
試してみて、 もっともオススメできるのはやはり最初にご紹介した
Procreate - Savage Interactive Pty Ltd』、ですね。(^ェ^)



私もこれからコツコツ頑張って、
小説用アイコンや挿絵が描けるくらいになりたいと思います!!(>ェ<);




ちなみに私が今持っているタッチペンやスタイラスペンはこの3本。


一番上の銀色のやつはむか~し、どこかで買ったペンケースです。



上から二番目はケースを買った時にフィルムと一緒についてきたタッチペン。
これもやわらかいので意外と使えてます。(^ェ^);


(※液晶保護フィルムは貼るとスタイラスペンを感知しないこともあるので、
 絵を描かれるかたにはオススメしません!! (>ェ<);)





真ん中は『TUNEWEAR TUNEPENCIL DrawPro2』。



先っちょがバネで、透明の円盤が付いているタイプのものです。

評価が分かれていますが、私にとってはたぶん良いほうではないかと……

でも短くて重いので、もうちょっと長さがあると良いなあと。(^ェ^);


だいたいは思った通りの線を引けますが、細かい場所、
口や鼻を描くときに上手く反映されないことも。


でも他のタイプの細いスタイラスペンを使ったことがないので、
こんなものなのかなぁ、とも。(-ェ-);


次は円盤なしの充電タイプなどのペンを買ってみようかと思っています。(^ェ^);





一番下の物は、『sensu solo(センス ソロ) for iPad



これは本当にちょっと重めの筆という感じで、描く感覚が楽しいです♪(^ェ^)


でも漫画やアニメタイプの線画を描くには向いてませんので、
ざっくりした絵柄や、水彩画タイプの絵を描きたいときに。

色付けの時の気分は味わえますが、精確なラインは引けませんので。

筆を選ばれる際には、ご自分の目的に照らし合わせてくださいな。(^ェ^);





また新たに良いお絵かき道具に出会えたらお知らせします!(´・ω・)ノ♥。+.。゚:;。+

頑張って良い絵を描けるようにならなければ。(-ェ-);




88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】