2018年6月11日月曜日


私が最初に『毒親』という単語を知ったのは、
たしかテレビのワイドショー的な番組で、
日本の漫画家さん(?)の本が紹介されていた時だと思うのですが。

その時紹介されていたエピソードを見た限りでは、正直、

「え、これくらいで『毒』とか言ってるの?」
 (うちのほうが酷いんだけどΣ(o゚ェ゚);)

という感想でした。(^ェ^);

いや、後述しますが、虐待など、心にかかわる事象は、
『その人本人』がどう感じたかが大事であって、
他人からみて軽い重いはないのですよ! もちろん!(๑•ω•́ฅ✧

私の場合でも、本当に身体的に暴力的な虐待などを受けている、
受けていた人からすれば、「その程度のこと」であると思いますし。
(^ェ^);


ただ、私の場合、ずっと
「(保険会社の人には申し訳ないけれど)、
 私は死んで保険金になった方が家族は幸せになるんじゃないか」
と思っていて、それが異常な考え方だと思ってなかったんですよね。

それこそ、これって異常な考え方なのかな、って気が付いたのが
つい二、三か月前のことで。(^ェ^);

例えば『夢を叶えたい』と同じくらいの位置の望みで
『早く死にたい』という想いがずっとあったんですよね。

それが『自分』というか、自分なんて
その程度の人間だと思っていたので。

で、何でこういう考え方になっていったのかという事を
思い返してみると、 例えば子供の頃(小学校三年生くらいの頃かな?)に、
親に「死にたい」って言った時に、

「お葬式代がかかるから、今はしないで」

っていうような事を言われたこと等が大きいかなと。

こういう一言によって『私<お金』が大事、
っていう構図ができたのか、とか(笑)。

まあ大人になった現在、この事を冷静に考えると、
『死ぬ』ことの意味もよく解っていなそうな子供が
親に突然そんな事を言った場合、
驚いて冗談で返すという心理も解らなくもないです。


あと、金銭面ですごく残ってる記憶が、
家族で電車で出かける時に、父が駅で、
「(私は背が)小さいから、子供料金で行けるな」
って言ったこととか。

(という事は、12歳以上で中学生以上の時の頃の出来事なのか……?
今調べたら、小学生は12歳でも子供料金らしい。当時もそうだったのかな?)

どこに行ったか等、その時の楽しかった記憶はいっさいないですが、
あとできちんと大人料金の切符を買っていたと聞くまで、
電車の中で本当に子供料金で切符を買ったのかどうか、
すごく不安だった記憶と罪悪感だけはしっかり残っていたり。


こういう事の繰り返しで、
『私はお金よりも価値がない人間』というセルフイメージが
出来上がっていったんだな、というか。(^ェ^);

親や家族に関する傷ついたエピソードは、
他にも数えきれないほどたくさんありますが、
まあ今回何が言いたいかというと。


大人の冗談は子供には通じません。
親が忘れていても、子供は自分がどう扱われていたか、
何を言われたかは、例え三、四歳くらいの年齢でも、
酷いことほどよく覚えているものです、という事実です。


一日24時間、365日、『完璧な親』なんて存在しないとは思いますが、
子供の頃にどう扱われたかは、成人しても自分でも気がつけない程の
変えがたいセルフイメージになります。

子供だから解らないだろう、一番弱い存在だからと、
自分の機嫌の悪さや、人生で上手くいかないことを
理由に当たり散らせば、いずれ絶対に報いとして返ってきます。

だって愛してくれない親に愛を返すのは苦しいことだから。

今現在『親』として『子供』に向き合っている方は、
子供だから叱られて当然、 どうせ覚えていないだろうと
たかをくくるのではなく、対等な存在が真剣に問うているのだと、
一度、きちんと考えてから発言してほしいのです。

冗談や見下した態度で存在価値を貶められるよりは、
「私にも解らないことや出来ない事はあるの」
「そんなことをされたら私も辛いし、悲しいの」
って、正直に言ってもらえたほうがずっと子供心にも、
楽に『現実』を受け入れられるんじゃないかと、私は思います。

正直に謝ってくれたり、無理な事は無理と、
ごまかさないでいてくれる親の方が、
『完璧な親』よりも、素直に尊敬できると思うのです。

まあこの辺もいつか小説等で書いていけたらと。
『ネコ民』はそのために書いている所もありますし。(^ェ^);


さて、長くなりましたが、上記の『毒になる親』、
これが『毒親』という言葉の産みの親の本なのだそうです!

その他、今回ブログに掲載している本は、そういうわけで
自分が親にどういう影響を受けていたのかを知るために、
購入して読んでみた本です。


まあどの本も思い当たるふしがありすぎて、
凹んだり、納得したり。

でも大体すべて、
「自分ってもしかしたら親にかなり悪い影響うけてる?」
と感じる方には、おススメできる本だと思います!
(๑•ω•́ฅ✧



↑こちらは『母親』が大きな原因と対策とされているので、
私のように父の方に大きなトラウマ的ウエイトがしめられている場合は
ちょっと読んでいて違和感があるかもしれませんが、無意識に
「母親は恨みたくない」と思って避けている思いが見つかるかもしれません。

私もけっこう「ああ、こういう事あったなあ」と、
改めて母に言われたり態度で示されてきた事にも納得しました。
(-ェ-);



↑こちらはスーザン・フォワードさんが作者ではないですが、
『毒になる親』の補助的な本です。

上記三冊は、セットで読まれることがおススメされてましたね。
確かにそうかも。

一冊だけ試しになら、やはり『毒になる親』からどうぞ!
(๑•ω•́ฅ✧


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書) [ 岡田尊司 ]
価格:928円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

↑このサブタイトル『子ども時代を引きずる人々』って、
なんか大人になっても成長しきれていない
自分が悪いという感覚にもなるので、微妙なような……。

だって子供時代を経てない人、それに影響を受けていない人なんて
いないんだから、みんなそうじゃない? というか。(^ェ^);

世界的な著名人の、育ち方のエピソードなどを知るには良い本です。

そして世界的な作家さんなども、親から愛されなかったり、
酷い育ち方をしていたりというお話もたくさん読めるので、
作家やアーティスト系の道を目指している方で、
子供の頃に傷ついた思い出の濃い方には救いになるかもです。
(私もですが(^ェ^);)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

↑この本は、ちょっとスピリチュアル色が強いような。

『宇宙期』とかいう言葉等、個人的にはなじみがあるというか、
違和感なく受け入れられる考え方なんですが、
人によっては「ちょっと何言ってるか解らない(-ェ-);」と
感じることもあるかもしれません(笑)。


今回、これらの本を読み終わったあとで、
5歳の女の子の虐待死のニュースがあったのですが……。

この本で一番驚いたエピソードが、
虐待をしてしまう親の人が、「子供を施設に預けたら?」と
すすめられると、返って自分の価値や存在意義が解らなくなって
辛いというお話でした。

子供が嫌い、愛せない、育てるのが辛い、
生活するのが大変だという事で虐待してしまう人は、
施設に預けた方がお互いが楽になるのだから、
子供のためにも自分のためにも、そうすべきなのでは?

親側の方も、その方がずっと気持ちが楽になるのでは?
と、思っていたのですが……。

虐待する親の側にも、複雑な心理状況があるようで、
自分じゃなくても子供は誰かが育ててくれるということを
受け入れたくないと思うこともあるようなのです。

それでも、そばにいれば虐待してしまう。
それも、やはり自分が子供の時に親に酷い虐待を受けた身なのに。


今回の事件をふまえ、そしてこの本を読んで考えたことは、
子供が児童相談所の方に会えない(親が会わせない)としても、
まず親側に、お役所の方だけで会いに行くのではなく、
心理カウンセラーなどの相談者が、付き添って、
心を開いてもらえるようにすべきなのかなと……。


本当に難しいですが、親側も子供側も、
心や体がそれ以上傷つく前に、離れて暮らすことは、
責められるべきことではなく、正しい方法の一つだと思うので。

例えば親がインフルエンザにかかっていた場合とか、
感染する病の場合、どんなに愛していたって病気の間は、
子供といっしょにいるよりも、離れているべきでしょう。

虐待してしまうことが心の病気だとしたら、
親にその自覚がなくても、離れて暮らした方が、
お互いのためなんだっていうことと、
まず親の側が、自分の心に向き合って、癒す事、
治す事が先なのかもしれないって思ってもらえないだろうか。


本当に簡単なことではないだろうけれど、
子供が亡くなる前に、他者に頼ったり、
辛いと助けを外部に求めていいんだと思います。


また、どうしても家に入れてもらえない、
子供に会わせてもらえない場合は、行政側が家宅捜索等、
しても良い権限があっても良いのではないかと。

やはり現在進行形で傷ついている、
子共の心と命を救う事が最優先ですから。




↑最後にこちらの本。

私はこの番組を観ていなかったのですが、今こそ、
再放送をしていただきたいな、と。

食事もまともに与えられず、排泄すらトイレですることさえ許されない、
本当に、今回の事件と同じような生き方をして、生き延びた方の
お話を中心に、信じられないような事が日本で実際に起きているんだと、
目が覚まされます。


こういうお話が現実にたくさんあるのに、
『自己責任』だなんて言い方で弱者を切り捨てる世の中で、
「もっと子供を産め」なんてどの口が言うんだろう。

是枝監督の『万引き家族』もそうだと思うけれど、
(まだ観てないけれど。ごめんなさい(-ェ-);)

例えば老人が貧困から、数百円から千円くらいの食べ物を盗んでも、
何度も繰り返せばやがては刑務所に入れられますよね。

でも政治家や官僚の皆さんは、結果として国民全員から何億円盗んでも、
「知らない」「覚えてない」「会っていない」「言っていない」を
繰り返していれば、 罪にすら問われないんですよね。

それでいて、そういう政権が推薦する人が当選する。

この国やっぱりおかしいわ。



そんなこんなを含めて、今自分の好きな(たぶん少しは得意な)ことで、
お金を稼げるよう、新たにちょっと頑張ってみている最中です。

申請してオッケーが出たら宣伝しますw(^ェ^);

申し訳ないですが、小説や人付き合いの方はちょっとあとで!
私も自分を癒してる最中なので。

それではまた!!(๑•ω•́ฅ✧





エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年5月29日火曜日

大きな地震にお気をつけて!(๑•ω•́ฅ✧


一昨日の夜から昨日の夕方まで頭が痛かったんですが、
夜になってさらに悪化(最悪に近い痛さ)、そして今日も、
地味~に一日痛くて、今もちょっと痛いかな?(-ェ-);

地震痛だとすると、千葉や関東周辺なら震度5以上、
関東より遠い地域だとそれ以上の大きさで、
けっこう続くタイプの地震だと思われます。

毎回そうですが、当たっても外れても特に感想は書きませんが、
(注目を集めたいだけのインチキだと思われたくないので↑)
これから一、二週間は特にお気をつけて!(^ェ^);

あと別に体調を心配してほしいかまってちゃんではないので、
そこもスルーで大丈夫ですw (^ェ^)


さて、なんか色々書きたいことはあるのですが、
そんなこんなで体調不良もあったため、今回の日記ではとりあえず。


激安タッチペンの方が何千円とか一万円とかするタッチペンよりも
絵が書きやすくて、え、じゃあ安い方なら何十本分も買えたって事?

けっきょく高い方のタッチペンぜんぜん使わないし、
なんか悔しいけど良いのに出会えてよかったね!!(TェT)

というお話。(笑)


↑良く読んでみたら、ちょっと意味不明なキャッチコピー(?)が
ついてて怪しいですが、本当に一本一円で買えてしまいました!(๑•ω•́ฅ✧

とりあえず6本ほど購入。(それでも送料のほうが高いというw)

で、↓1円なのに、一番左のように、一本ずつ袋に入って、
パッケージもちゃんとされてました!

 ただ、右端のように、紫の一本だけはちょっと凹んでいたので↑、
(そういうのを含めての1円なんでしょうね。購入の際は自己責任で!)

これを日常使いの『普通に押すだけ』用に使用してます。 (^ェ^)
(傾けると画面を削りそうで、絵を描く用にするのはちょっと怖いため。)

滑りはあまりよくないので、ゲームや絵を描く用には向いてないかもですが、
例えば手に保湿クリームを塗ったあと等、画面に直接手で
触りたくない日常シーンでは充分に使えるかと。(^ェ^);

金属に見えるクリップ?の銀色部分も、たぶんプラスチックです。
なのですごく軽いのです。全体的に色は写真より薄め。


↓こちらは歴代、良い絵が描けないかと買ってみたバカ高い
お値段がそこそこそこした高級ペンたち……。

もったいないけど、結局重すぎたり、ペン先が硬すぎて、
自分の手には合わなくて使えなかったのです……。(TェT);


あ、でも右から二番目のはお安い上に長くてサラサラ書けます!↑
(๑•ω•́ฅ✧↓


金属製でちょっと重めなので、私の感覚では
文字とか下絵向きかなと。(^ェ^);



で、一番上の一円ペンとそっくりですが、
実際に使ってみると滑り具合がより良いのがこちら。↓

↑こちらの方が、やや軽め。

 

↑こちらは先っちょが付け替え可能。
今までネットショップで買って試した中で一番描きやすく、
好きなのがこちらの二種なのです。(^ェ^)

↑ピンクが付け替え不可、水色が付け替え可能。
付け替え可能な方が、ほんのちょっとだけ重いかな、という印象。
それ以外は同じかと。(^ェ^);


で、実は一番使いやすいのは、もっとも初期にお試しで
100円ショップで買ったこちらのペン。↓(TェT)


使い続けて、滑り具合がちょうどよくなったのもあるかもしれませんが……。
これと同じやつ、もう売ってないんですよね……(TェT)

ちなみに付属のボールペンも、太めに青に近い黒インクで
かなりハッキリ文字も書けてお気に入り。

ああこのペンカムバック。



最後に、最近読んだ本。『毒親』関連。
なんか色々共感するところが多すぎて、自分に納得。(-ェ-);


 

詳しく語ると長くなるので、またいつか!!(๑•ω•́ฅ✧。+.。゚:;。+




エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年5月12日土曜日

#世にも奇妙な物語 



を、観ながら(^ェ^)

ショート部門で良いから私のショートショート等、
『世にも奇妙な物語』でドラマ化してもらえますように(*´ω`*)


さて数日前のことになりますが、ネコ民のエブリスタさん以外の
掲載の削除に伴い、 Comicoさんから退会しました。


 で、ホラー・奇妙な話系の『アカシア図書館の司書記』は、
今後、エブリスタさんとメディバンさんで掲載していこうと思っています。

最初十話完結くらいで終わそうと思っていましたが、
ひょっとしたらもっと短めに終わらすかもですが。

↓加筆修正前の前の物ですが(のちに修正等する予定)、
お話内のショートショート、一話分どうぞ。(^ェ^);


☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 


 『子供の庭』


最初は何かの見間違いかと思った。
誰もいるはずの無い校庭に、赤い服を着た少女がいるなんてことは。

次に思ったのは、近所の子供がこっそりと
忍び込んで来ているのかな、ということだった。

ずいぶん前に廃校になった山奥の小学校とはいえ、
近所には子供のいる家もあるだろう。
校舎は、西日を浴びて赤く染まっている。


私は腰かけている校門近くの遊具用丸太から
少女の方に体勢を立て直すと、改めてカメラを構え、
ファインダー越しに彼女を覗いた。

少女はおかっぱ頭を少し長くしたような髪型で、
色白で目のぱっちりとした、美しい顔立ちをしていた。

人の気配に気がついたのか、
彼女はこちらのほうをじっと見つめ返してきた。

手には何か、人形のような物を持っている。
一瞬、レンズを通して目が合った。

彼女は口の端に笑みを浮かべると、校舎の中に走っていった。

え、と私は腰を浮かせた。
昼間撮影した時には昇降口の鍵は閉まっていたはずなのだ。


私は廃墟専門のカメラマンではないが、
昨今はそんな写真も需要や人気がある。

廃墟写真や心霊写真、そういった場所の怖い動画も
もし上手いこと撮れれば、ネットなどで話題になり、
テレビ局にも高く売れる。

美しい風景の写真を撮る人間は数え切れないほどいるが、
その中で食べていけるのはほんの一握りの人間だ。

かくいう私もそういう人間の一人で、
だからこそ、自然写真の撮影の帰り際、ここに立ち寄ってみたのだ。

しめたものだ、と私は思った。
たとえ少女が普通の人間だろうと、それらしい写真が撮れさえすれば良い。
私は彼女を追うことに決めた。

きっと地元の人間しか知らない抜け道や鍵が隠されているのだろう。
児童玄関の扉は一箇所だけが開いていた。

校舎の中はすでに薄暗く、
廊下の奥は何があるのかも見えないほどだった。

だが赤い服の少女の姿が一番端の教室に消えてゆくのだけは見えた。
扉の閉まる音がする。私は足を速めた。

少女の消えていった部屋には、
『被服室』とのプレートが掲げられていた。

軋む扉をそっと開けると、そこには夕日を浴びて
真っ赤に染まったいくつものミシン台があった。

白地に所々赤茶色の斑点が浮かんだ薄汚れたカーテンが、
割れた窓から拭きぬける風に吹かれて舞っている。

その教室の後ろ側には、ずらりと人形が並んでいた。
かつて子供たちが作ったものなのか、布製の、下手くそな縫製の物が多かった。

作られた年代が違うのか、服装や顔つき、性別はまちまちだ。

遊びたいの?
突然、後ろから声がかかった。
振り向くと、赤い服を着たあの少女が部屋の入り口の前に立っていた。
背中を冷たい汗がつたったが、私はあえて何でもないふうに答えた。

君はこの辺の子? 良かったら写真を撮らせてくれないかな?
おじさん、カメラマンなんだよ
少女はちょっと首を傾けて、「やっぱり遊びたいんだ」と笑った。

「みんな、後ろのお庭で遊んでいるのよ。早く早く」

彼女はこう言いながら私の手を取って、被服室の裏口へと僕を誘った。

ドアを抜けると、そこには学校の裏山に繋がる道があり、
数分も歩くと、木々に囲まれた秘密の庭、という感じの場所に出た。

そこでは思いの他たくさんの子供たちが遊んでいた。

「仲間に入れて、って言うのよ」彼女は僕にそう言った。
「でないと、みんなちゃんと仲間にいれてくれないから」

僕はなんだか恥ずかしかったが、勇気を出して
「仲間にいーれーて!」と少し大きな声で言ってみた。

するとみんながこっちを見て、ボクの周りに集まってきた。
みんなそれぞれ、手にはお人形やオモチャを持っている。
みんなあボクの首からさげている、カメラが気になるみたいだ。

「すごいね、本物なの?」「私もこんなの欲しいなあ!」
みんなボクのカメラが大好きみたいだ。

そりゃあ、本物だもの。
だってぼくのカメラはぼくが……ぼくがどうして持っているんだっけ。

お父さんからもらったんだっけ?
それとも近所のお兄さんだったけ?

ぼくはなんでカメラが好きなんだろう?

何だか思い出せないし、これってずいぶん重い。
だまっていたら、みんなもうあきてしまったみたいで、
またお庭に走っていってしまった。

本物のカメラなんかよりも、みんなみたいにお庭で遊びたい。

そしたら、赤い服のあの女の子が、
「ねえ、私のお人形と交換しない?」って言ってきた。

ボクは本当はちょっとまよったけれど、
女の子がかわいいので、「うん」といった。

ぼくは女の子の首にカメラをさげてあげた。

体がすごくかるくなった。
ぼくは何でこんなものをもっていたんだろう?
ああ、もらってもらって良かった。

ぼくはとても楽しい気もちになって、女の子からお人形をもらった。
お人形はぼくにそっくりだった。

でもそうじゃなくて、よくみたらぼくがおにんぎょうだった。
じめんにおっこちたぼくは、おんなのこにもちあげられた。

おんなのこは、あかいふくをきたきれいなおねえさんになって、
がっこうからでていきました。
すてきなかめらがくびにかかっていました。

がっこうの、いちばんはしっこのきょうしつのなかにぼくはいます。



☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 


 まったく関係ないけど、隣の市
(といっても月に何度か買い物に行く距離ほどの近く)の病院に、
『ブラックペアン』のロケが来ているそうですよ。(๑•ω•́ฅ✧

ねー。
こんな地方までどうやって来ているんだろうと毎回思うのですが、
意外と映画とかドラマのロケさんが来ているという不思議。(^ェ^);


まあそれはそれとして、そんなこんなで、
色々やることがあるのですが、昨日は頭痛のあれで、
半日ほど沈んでました。(-ェ-);

もうすでに今日、長野で震度五の地震がありましたが、
皆さんもこれからしばらくは地震にお気をつけて!! (๑•ω•́ฅ✧

 



エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年4月26日木曜日

『私はラブ・リーガル』の



 『アイロニックブルー』の『アイロニック』は、
『皮肉な』の意味で良いのかな?(^ェ^);

今、テレビ東京さんの海外昼ドラでやっている、
『私はラブ・リーガル』、ちょっと前に千葉テレビで
何シーズン分かやっていて、その時に好きになったのです。(๑•ω•́ฅ✧


モデル志望の若くて綺麗な女の子が事故で死んでしまって、
天国で文句を言って無理やり地上に帰ってきたら、魂が
ビッグサイズで有能な女性弁護士の体の中に入ってしまう、
というような法廷ラブコメディなのですが。


私の感想としてこのドラマの内容を一言でいえば、

『人の美しさは、魂(心)の美しさだと知っている(気が付いた)人は、
 自然と自信と魅力に満ち溢れた素敵な人になる』。

そんな事を感じられる素敵なドラマですよ。(^ェ^)


なので見逃していた初期のお話も、
今回の昼ドラで観ることが出来て嬉しい。
(*´ω`*)♥。+.。゚:;。+

でも今回も放送開始日のお昼はちょっと忙しくて、
第一話の最初の部分は見逃しましたけれど……(-ェ-);


で、そのドラマ内の幸運のおまじないで 、
『右手の小指だけにアイロニックブルーのマニキュアをつける』
というのがありまして。

(※ドラマ内の『アイロニックブルー』はラメ入りで光沢のある、
不透明色でもっと青らしい青の、濃いブルー。
ちなみにドラマ内のブランドであって、
実際に存在するメーカーや化粧品ではないそうです。(^ェ^))


そんな情報が脳内にあった時に、 上記の写真のマニキュアを
先日100円ショップで見つけてしまい……。

可愛すぎて買っちゃいましたよ!!(>ェ<);

普段マニキュアいっさいつけないのに!!
(だって絵を描くときやキーを打つ時に、手の動きが
微妙に鈍くなる気がして、なんか体質に合わないんですもん。 )


光の加減で、写真よりもちょっと緑がかった色に見えるのです。
そう、私が今もっとも好きなあのブルーとグリーンの間の色に近い。

そして何より……

『キキララ』なんですよ!! (>ェ<);
(リトルツインスターズ)

『キキララ』可愛い……。

小学生時代に流行った時の影響で、
あの頃の思い出とともになんかこう……。

私のインナーチャイルドが欲してるんです!(๑•ω•́ฅ✧w

良いんです、誰に迷惑をかけるわけでもないしw
家で観て愛でるだけだから。

小指にちょっとつけても、
クリアカラーで薄くて目立たないし。(^ェ^);


そんなこんなで、個人的に今期おススメのドラマは。

『私はラブ・リーガル』
『コンフィデンスマンJP』
『未解決の女』
『執事 西園寺の名推理』 。


ただ、いつやっているのか覚えてないので、
見逃し続けてるドラマもあるのですが。(^ェ^);

『ミスデビル』とか『モンテクリスト伯』とか観たいんですけどね。
何故かまだ一回も観ていない。(-ェ-);


『コンフィデンスマンJP』は、初回を見逃して
二回目から見たんですが、『ダー子』さんが
良い感じで気持ち悪いです!(๑•ω•́ฅ✧
 (笑、↑観れば解ると思いますが、役柄に対する褒め言葉です!)

そして『ボクちゃん』が清純で可愛い。
万能のおじ様『リチャード』この三人のバランス非常に良し。


今夜もやっていた『未解決の女』は、
主役の女優さんお二人がお美しいし、
きりっとしていて素敵。(*´ω`*)♥。+.。゚:;。+
『文字』で解決って新鮮。

 (その前の『捜査一課長』シリーズも無駄に猫が出るのもあり♪
 毎回見てますけどねΣd(ゝω・o)♥。+.。゚:;。+ 
 今回ナイツの塙さんが出てます!Σ(o゚ェ゚))


『執事 西園寺の名推理』 はね、
西園寺さんがもう、カッコいいんです!!(TェT)♥。+.。゚:;。+

奥様も素敵なんですが、あんな執事の方なら、
恋愛要素なしでも一生仕えていただきたい!!w

あ、もちろん、どのドラマも、キャラだけでなく、
謎解き要素とか、構成とかもちゃんとしてますよ!(๑•ω•́ฅ✧



愛するメメウ(メウ:茶トラ猫)の血尿は、たぶん治ってきたものと。
このまま体調が良いようならば、もう大丈夫かな。(^ェ^);


さて放置しっぱなしのサイトももうそろそろあれしないと……。

 今、『一人の幸せ』に浸っている時間が長すぎて、
放置しているサイトに関わるの怖いんですけどね……。
(-ェ-);



それにしても『好きな男性(疑似)』すらいないって……。
寂しいものかと思いきや、 すっごく楽で、
こんなにも心が安定して幸せなんだなぁ……。と(笑) 。

好きな人とか応援したい人がいると、
その人の夢とか、どうしたらこの人がもっと成功できるだろうとか、
自分の事以上にそればっかり考えちゃうのがパターンだったのですが。

それがないって、楽。

好きな人と親しい女優さんやモデルさん等、
誰かと比べて私は足が細くないしとか
そういう落胆や嫉妬もしないし、楽。(*´ω`*)♥。+.。゚:;。+

一応、今後恋愛や結婚もしたくないわけではないですがw(雑)



あ、過去に使っていたツイッターのアカウント削除しました!(๑•ω•́ฅ✧

今はメインのやつ一つだけ残してますが、なんかもうほぼ使ってないから
個人のアカウントというよりは作品紹介のボットみたいになってますが。

インスタも凄くファンという対象がいなくなったので、
ほとんど使わなくなっちゃったし……。(-ェ-);

 たまに削除しようか迷いますが、
今後できれば、もう少しなんか更新したりできたらいいな。(雑)



 明日は『世界が本当に平和になる』
第一歩になると良いですね。(^ェ^)




エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年4月18日水曜日

※閲覧注意!!『原爆の絵』!


と上記のタイトルのようにでも書けば、
少しは戦争の本当の現実の姿に
気が付いてくれる人が増えるだろうか……。

試しに、『原爆の絵』『被爆者の描いた絵』などで
検索して、いくつかでも絵をご覧になっていただきたい。

いえ、先日高畑勲監督がお亡くなりになって、
『火垂るの墓』がテレビで放映されたのもあり。

「火垂るの墓では戦争は止められない」高畑勲監督が「日本の戦争加害責任」に向き合うため進めていた幻の映画企画

とくに子供たちの母親が亡くなったシーン等、
一度観たらもう二度と観たくないと思うほどの場面もある、
そういう名作でもあるのですが、改めて冷静に観てみると、
ラストシーン、現在の高層ビルがいくつも立ち並ぶ、
街の夜景を見下ろす二人というのがね……。

未だに成仏できていないというか、こういう風に亡くなった、
名前も知られていない人たちがたくさんいたんだよな、と。
その人たちが今の私たちを見たらどう思うだろう。

今の日本は本当にありがたい平和の意味を
どれだけ理解して、大事にできているのだろうと。


上記のサイトで関連記事などを読んでいて、
『今の戦争はボタン一つで終わる』と
勘違いしている人もいるようなので、ちょっとね。

有名人の方でも、テレビで冗談めかして
『ミサイルが飛んできたら、もうみんな終わりだから諦める』
という人もいるし。

確かに一瞬で消滅するように亡くなる人もいるでしょう。

でも、『原爆の絵』で描かれている人たちの姿は。

服ごとすべてが焼け、火傷で皮膚が体の前に垂れ下がる。
そのために腕をあげ、幽霊のような姿で
水を求めて街をさまよい歩かなければならず、
やっとたどり着いた川の水には無数に死体が浮かんでいる。

生き残った人間は、そういう地獄の中で生き延びなければならない。
どういうわけか、自分がそうなる可能性がある事は想像もしないらしい。

もし『戦争ができる国』にするのなら、最低限市民を守る
シェルターや地下施設等のシステムを作ったり、
原発を撤廃してから議論すべきなのに。
なぜかこの国ではそういう話にはならない。

勇ましい事さえ言っていれば、本気で『神風』でも吹くと、
自分や自分の家族だけは無傷で助かると思っているのでしょうか?
まあ確かに総理大臣や一部の政治家などは避難できるのかもしれませんが。

『ボタンを押しておしまい』なのは、そんな風に攻撃を指令した人や、
国のトップに居座っている人たちくらいですよね。

仮にもし自分が先に攻撃できたとして、核のボタンを押せるとしても、
『敵国の人間だから』という理由で、何の罪もない生命の全てや
 誰かを、そういう目にあわせて良いと思えないんですよね。

勢いでなく、『理性』で戦略を練ったうえで、
『戦争をしない国』を守り続けていくのが、私たちの役目だと思います。

(何度もいってますが、個人的には九条は守るべきだと思っています。
少なくともトランプ政権のもとでは、積極的に動くのは危険だし)


今の自衛隊の日報問題も、まあ出てきて当たり前というか、
今後の参考にもなる資料として当然ながら長期間必要な物なので、
存在して当たり前ですよね。戦略の基本は詳細で確かな情報だもの。

なので、やっとまともな指令が行きわたるようになってきたのかな、と。
(だから責任をとったり反省すべきは現大臣というよりも、
当時の大臣等、関わって嘘をついている人たちだと思うのですが。)

隊員さんも、実際にはかなり危険な目にあっていたはずなのに、
それを誰にも言えないのも辛かっただろうな……。





さて、そんなこんなで、『コーラン』も、上中下巻、
全て読み終わりましたよ。(^ェ^);

結論から言うと、もし興味を持って『試しに』
コーランを読んでみようと思う方は、
たぶん下巻のP173か、P309あたりから読んでみた方が良いです。

なぜならその辺りは、簡潔で、神秘的な響きなので。

おそらく、よっぽどの興味と根気がないと、
上巻、中巻と順番にすべて読んでいくのは辛いかと……。

あのね、上巻~下巻にかけて、同じ内容が何度も出てくるんです。
そして結論も同じ。


『キリスト教』との違いを学んだり、
 解釈の仕方によれば聖戦を正当化しないで済むんじゃないかと、
そういう興味があって読んでみたのですが……。

そういう意味では思いのほか得るものがなかった……。(TェT);

それから確かにね、あちらの来世(天国)では、
美しい処女妻たちがたくさん待っていてくれるぞ、
っていうのもあるんですが……。

じゃあ、女性にとって、何か良い事は? という。

基本的に(時代背景も含め)、女性蔑視の言葉に何度も遭遇するので、
(例えば女の子が産まれたら埋めていた、とか。(TェT)
まあ日本だって昔は『口減らし』等があったりしたのだけれど)
女性が読むときには理不尽な怒りを禁じえないとも思うのですが。


ここ数日の財務省のセクハラ・パワハラ発言もあれだし、何だろう。
今現在の宗教とか国とか関係なく……。
なぜもっと普通に女性という存在そのものを愛してくれないのだろうか。

口説くなら口説くで、せめて最低限紳士的にできないものだろうか。

女性から学ぶことすらも奪い、収入や肩書にも格差をつけて、
参政権すら奪っている国もいまだにあるのがこの世界です。

最初から女性のあらゆる権利を奪っておいて、
男性よりも女性が『劣っている』というという刷り込みを
何世代も繰り返してきた男性側が、
そろそろ心から反省してくれないものだろうか?

どんな男性だって、お母さんから産まれてきたのにね。

古代の母系社会の信仰の方が平和で愛があって良かったな。(TェT)
この国の一番偉い神様だって、天照大御神様で、女性の太陽神なのにさ。

男性は、力があるぶん、優しさをもって育って欲しいものです。


最後に、本当に久しぶりに読んだ『漫画』などを。


↑※最後の数ページは本当に必見です!!



もう『戦争を実際に体験した』本当の悲惨さを描ける
作家さんはいなくなるばかりなのだろうな、と思ったので、
何となく、今のうちに買っておこうと思い。



メウの血尿は先週二回目に獣医さんに行ったときに、
カテーテルで採尿してもらい、三回目に行った時は
大丈夫そうなので、今は薬を飲ませて様子をみている状態です。

でも今日はおしっこが出ているかどうかは確認できず。(TェT)

賢い子なので、ちゃんとしてるポーズは見せてくれるんだけど、
やっぱり出ていないような……治ってくれますように!(TェT)




エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年4月11日水曜日

メウにも血尿が……!!(TェT)


※↑今日母が購入して来てくれて、食欲がないわりには
匂いを嗅いですぐに食べてくれたので、同じような症状が
心配な飼い主さんにおススメできそうです!
(とはいえ、まだ元気がなくてちょっとだけしか食べてくれないけど!(TェT))

※お年寄り猫の場合と若い猫の場合など、尿石の傾向に違いがあり、
 逆効果になることもあるようなので、お気をつけて!

猫のおしっこの病気
まずは獣医さんへ!!(TェT)


先日、友人の愛猫さんの話で『血尿』や『尿石』の話をしていたのですが、
驚いたことにうちのメウも昨日になって血尿が……!!(TェT)

(長年猫を飼ってきましたが、意外と今まで血尿の経験がなかったので
話していた事がうちにも起こるなんて、なんてタイムリーなのかと。
友人宅の猫ちゃんも、これからもお大事に!!(>ェ<);)

メウは数日前からなんとなく元気がなかったので、
何か変なものでも食べたのかと心配はしていたのですが、
昨日になって血尿がもれていることに気づき、急遽獣医さんへ。

排尿をしていただいて、皮下注射で栄養とお薬を入れてもらい、
今夜から飲み薬を与えてはいるのですが、
今日一日は見ている限りではやっぱり自力では排尿困難なようで、
ポタポタというか、すっきり出ないようです。


大きい方は、5~6日出なくても大丈夫でも、おしっこの方は
2~3日出ないと尿毒症などで命を落とす危険性があるそうなので、
もし明日もまた排尿困難なようなら、改めて獣医さんのもとへ行く予定です。

飼い主の皆さん、気を付けてあげてくださいね(TェT)




意外と普通のお値段で売っていて嬉しい……。(TェT)

猫の水飲み場も、階段と洗面所と庭などに3カ所以上と
けっこうどこでも飲めるように配置してる上に、
もちろん毎日、気が付いた時に割と頻繁に代えているので……
けっこう水も飲んでいたのに何が原因なんだろう……。

ふ、太らせすぎかな? やっぱり。(TェT);
うちに現れたときの野良の子ネコだったメウがガリガリで、
尻尾を怪我しているうえに食べ物を捨てているわけでもない
ゴミ袋をあさってミャウミャウ悲しそうに何かを訴えるように
鳴いていたという境遇から、ついつい、

「好きなだけお食べ!!(TェT)。+.。゚:;。+ 」

と育ててしまったせいだろうか……。

でも食べる量だけなら他の猫の方が食いつきが良いし……。
ウエットタイプよりもカリカリが好きなせいか……。

ちなみにおやつの与えすぎかなとも思ったんですが、
ちゃおチュールは一日4本とありますし、
(頭数が多いので、そもそもうちであげられるのは、
一日に一本程度。母と私でも一匹に一日2本ずつくらいかな。)

メウが好きなシーバのカリカリを与えすぎているせいだろうか……。
無垢な瞳で「何をくれるの?」って見つめられるとつい……!!

まあそんなわけで、全然冗談をいっている場合じゃないので、
これから数日、メウのストーカーのように、おしっこするかしないか、
マッサージなどをしつつ、様子を見たいと思います。


本当に、早く元気になって欲しい……!!(TェT);



更新ついでに、ちょっと前に書きそびれたことなどをまとめて。

まずはドラマの感想。

『anone』 『もみ消して冬』は、
シリアスとコメディーと、方向性は真逆ですが、
ラストはどちらも、きちんと罪を償った点でも好きでした♪(*´ω`*)♥

『アンナチュラル』は、続編なども希望したい。
古田新さ……じゃなくてああいつも名字が出てこない
井浦新さん!! 

井浦新さんのハマり役でしたね、
『クソが!!』の中堂系さん。 (^ェ^);

ドラマが始まった当初は、「あれ、ちょっと太られた?Σ(o゚ェ゚)」と
思ったものですが、いつか殺人犯と戦うことになるのなら、
体は鍛えていて当然なので、がっしり感に説得力があったというか。



全く関係ないですが、同じくTBSでシリーズ化されたドラマの
『99.9』 。

いや今回じゃなくて、前回のシリーズで、
『つぶらな瞳』っていう表現の仕方で……。

たぶん、『つぶらな瞳』を『小さな瞳』と勘違いされていたような……。
いや、リアクションから。(^ェ^);

『つぶらな瞳』って、『円ら(つぶら)な瞳』と書くので、
むしろ丸くてくりっとした、可愛いらしい瞳の意味です。

『粒のように小さい』とか、『つぶっているような瞳』ではないですよ。

ってずっと突っ込みたかったんですが、
まあどこかで誰かが突っ込んでいるだろうと思い黙ってました。



そして話はがらりと変わりまして、

トラテロルコ条約。

『ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約』。

詳しくは調べてみてほしいのですが、キューバ危機を契機に、
核兵器の実験、使用、製造、生産、貯蔵、配備を全面的に禁止することを
目的とした、非核化条約のことです。 

日本ではあまり知られていないと思いますが、
(少なくとも私はけっこう最近まで知りませんでした(-ェ-);)
ラテンアメリカなどではすでに非核化の条約が結ばれているんですね。

いや、ドラマの放送時間などを書いたメモと同じ紙にメモってあるので……。
そろそろこの紙を捨てたいと思い。

(いつもつい手近な紙やメモにとりあえずメモってしまうので、
そういう捨てられない紙がけっこうあるもので。(-ェ-);)

とりあえず日記で書いておけば忘れないかなと!(๑•ω•́ฅ✧



今読んでいる本。
実は『コーラン』。(^ェ^);




 ネットオフさんありがとう!!

こんな新品みたいな状態で、しかも格安で
『コーラン』が手に入るとは思ってなかったので!!(TェT)。+.。゚:;。+

本当に意外と、レアな本が綺麗な状態で入手できて素晴らしいです!!
大感謝です!!(>ェ<)♥。+.。゚:;。+



で、何で『コーラン』かというと、一応、世界的な宗教の
基本を自分で読んで、知っておきたいがためです。

なので、あと読んでいない『旧約聖書』と、
ユダヤ教の『マヌ法典』も欲しい。

(マハーバーラタは一巻だけだいぶ昔に読みました。
いつか続きを読む時間とお金ができるのだろうか(^ェ^);)

ちなみに『コーラン』は今、上巻だけ読み終わりましたが、
……長い。

そして、実は下巻の方が、最初にマホメットが話した事らしい。

つまり、普通は時期や歴史的に、上巻が最初に述べられたお話で、
下巻が最後に語られたお話となるのが一般的ですが、『コーラン』は逆。

えー。じゃあ最後の巻から読んだ方が良いような……。
実際の『コーラン』は一冊にまとまっているはずなので、
問題ないのかもしれませんが……。

ちなみに本来は読誦されるものらしく、さらに宗教的には
他国の言語などに翻訳してはいけないものらしいので、
あくまでこの日本語訳の本は、『解説書』としてのものらしいです。

とりあえず、三巻全てを読んで、感想を書きたくなったら書くかもです。
(^ェ^);


これから少なくとも三日ほどは、
メウの体を第一に過ごしたいと思います。

何か緊急の御用がある場合は、ヤフーメールか、
ツイッターのDMにお願いいたします。

それではまた!!(๑•ω•́ฅ✧




エブリスタ
Nekotamibnneko

2018年3月31日土曜日

日本、本当に大丈夫?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書) [ 水野和夫 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)





最近読んだ本、色々。何ですが。

そもそも、『ネコタミ』で描く世界観(経済)のあり方が、
すでに名前がついている物なのか気になって、“資本主義のその先”、
『ポスト資本主義』に関する本を読んだりしていたのですが。

(※例えば『神との対話』など、スピリチュアル系の本などでは、
 精神的に進んだ世界での社会や経済のあり方などは、
 理想的な姿がすでにとっくの昔に描かれているのですが、
 それに現実的に追いけないのが、人の『心』の問題だったり。

ベーシックインカムの可能性を知りながらも、おそらくすぐには
『働かなくても、生きるのに必要なお金がもらえる』、状態、
人の働きではなく、機械やAIに頼る状態になるのを、
どこかで恐れて変化を受け入れないような心の状況とか。

あと、たぶん1%だけいる世界的な『お金持ち』、
『富裕層』の利己的な差別意識。
どこかで全人類が『平等に幸せな世界』よりも、
『自分は成功した、選ばれた人間』だと思いたい人たちの、
フリーエネルギーや富の分配への抵抗とかまあ色々。)


上記の本は、2014年に出版された物なので、
例えばビットコインの今後とかその辺はどのくらい正確に
予想されていたのか等は解りませんが、要約すると。


資本主義には限界がある。

世界が『外』の世界から搾取することが出来た時代は終わりを迎えている。
 (欧米がアフリカなど当時未開の地だった場所から資源と奴隷を得たような、
未開拓地『フロンティア』は、地球上にもう残されていないという意味。)

ではこれから富裕層はどこから富を搾取するか。
同じ国の中の、より恵まれていない世帯、主に中間層から。

そして一握りの富裕層と、大多数の貧困層という、
経済の格差がより拡がってゆく。

ちなみにこちらの本でも、アベノミクスという政策では
上手くいかないという事も書かれています。


解りやすく良い本だと思うので、
気になった方は、ご自分で読んでみてください!
どんな本もそうですが、評価や口コミ以上に、実際にきちんと読んだうえで、
ご自身がどう感じるかが大事だと思うので!(๑•ω•́ฅ✧



そして政府は、自国の『経済の失敗』を誤魔化すために、
『戦争』 をする可能性がある。

これを踏まえると、昨今のやたら右傾化する
世界的な傾向も納得できる気がしませんか?

歴史を振り返れば、ナチスも日本も、『戦争』を理由に、
罪もない人種や国民から、不当に財産を取り上げてきた事実がある。

現在ではさすがにそんな馬鹿な事はしないだろう、
平和に生きる市民は普通、そう思いますよね?

だって『戦争』なんて、本当にしたら、どちらも『負け』だと思うくらい、
人間はもとより、あらゆる命が奪われて、土地が破壊され使えなくなって、
そのあと何十年もお互いに、どうしようもない恨みと空しさが残る。

そんな事、心ある人間が、ましてや社会的な地位のある人間が、
そんな事をするはずがない、戦後何年も反省してきたのだから。

でも最近の自民党や、その背後にある団体を考えると、
あながち冗談や都市伝説みたいに思えないんですよね。

前川氏授業に圧力の安倍チル・赤池議員が『ちびまる子ちゃん』にも圧力!「友達に国境はな〜い」のコピーに「国家意識がない」

足立区立中学の「妊娠防ぐための性教育」に自民党の都議が圧力! 背景に安倍首相と一派の性教育否定思想

「生理ナプキン持ってるから非処女確定」アイドルファンの妄言は笑い事じゃない、安倍政権の“性教育破壊”で性の知識がヤバイ


上記サイトの記事は左寄りとはいえ、事実ならば、
『カルト集団』と言われても仕方がない危険な思想ですよね?

 特に性教育については、本当に驚いたのですが、私が小学生の頃は、
『生理』について初潮前の年齢頃にみんなで教わっていたものですが……。

『性教育』を学ばないのに、男性が『それが常識』と勘違いしそうな
アダルトサイトや漫画が垂れ流しの状態という現状は、
女性ならば 本当に『怖い』と思うレベルで危険な事ですよね?

『生理』は、妊娠を望もうが望むまいが、また処女であろうがなかろうが、
 初潮を迎える10歳~15歳から、閉経を迎えるまで起こる、女性の生理的な現象です。

月に一回あるのが普通ですが、人によってはストレス等で周期が乱れたり、
イライラしたり、やたら眠くなったり、動けないほどの痛みが起こる場合もあります。
(高校の頃、生理痛で救急車で運ばれた同級生もいました。)


ちなみに、当たり前ですが『妊娠しよう!』と思って
『生理』になるわけじゃあないですから!!

理論的には初潮を迎えて、閉経していなければ、
10歳でも60歳でも妊娠する危険性と可能性はあるんです。

もし意思でコントロールできるものならば、全女性は妊娠前にのみ
生理を経験するでしょうが、始まってしまえば、
嫌でも毎月来る色々と大変な約一週間なんですってば!

おそらく男性が一生のうち一度も目にすることのない血液量と、
女性は半世紀はつきあっていかなければならない、そういう物なんですよ?


ってそこから教えなきゃならないの? 
生理や出産に対する正しい知識もないなら、
女性に対する思いやりなんてそりゃ育たないわ!!

今小学校や中学校でどう教えられてるのか、
本当に心配になってしまったので、あえて紹介してみました。



そもそも男性側はもっと、欲望のはけ口としての性欲の処理法以前に、
女性を妊娠や出産させることのリスク、子供が産まれたらかかる費用など、
一人の人間の一生の命を産み出した後の人生の『責任をとる』っていう事が
どういう事かというのを、思春期かその前にもっと学んでもらうべきだと思う。

離婚後や出産後にシングルマザーとして、子育ての負荷が
(結婚していてもそうかもしれないけれど)
女性側に一気にかかるのはどうなんだろう。

せめて離婚後も父親のお給料の何パーセントかは自動的に母子に振り込まれるとか、
命をかけてまで産んで、子供を育ててる女性に対して優しい制度の配備とか、
もっとこう、なんとかならんかね。

離婚して慰謝料も養育費も払わず、逃げ得みたいな生き方して、
また結婚して子供作って、浮気して若い女性に走って、
また離婚してみたいな男性も現実にいるじゃないですか。


話が大幅にそれましたけれど、 『教育』って、なんですか?

『自国や家族、親を愛する』、それって、『教育勅語』などの
決まった思想や言葉を暗唱・復唱させる事で覚えることじゃなくて、
幸せな家庭で大事に、本当の愛情を以て育てられればこそ、
自ずから湧いてくる感情だと思うんですが?

両親の収入や地位に関わらず、産まれてきた子供みんなが
差別されず、平等に守られて愛される国にすることこそ、
『愛国心』を育てる一番の近道だと思うのですが。


まあ『8億円』って言うお金が、何世帯かの一生を養えるに値する、
莫大な金額だってこともリアルに感じられない人たちに言っても無駄なのか……。

国の借金が世界的にもありえない規模であるのを知ってて、
どうしてあんなことができるのか……。

国家のお金は国民のお金であって、政権や与党が好きに使って良い物ではないし、
ましてや個人の知り合いだからといって割引をきかせて良いわけがないのに。

その上それを誤魔化すために『公文書偽造』って、
本当に民主主義の根幹を揺るがすというよりもすでに
『独裁国家』に一歩足を踏み入れてる状態なんだけど、
日本国民のどれだけがこの問題の本当の怖さに気が付いているんだろう?

さらにいえば、この件を押し付けられて
偽造処理をさせられた人が自殺で亡くなってるのに、
連日国会や取材で反省もせず、
時にゆるんだ顔で答弁できる神経が信じられない。

その上自分に都合のいい新聞しか読まず(もしくは全く読まない)で、
問題発言を出しては撤回する財務大臣って……。

しかもチリとペルーの間違いって、たぶん日本と韓国とか
日本と中国を間違えるくらい失礼な勘違いのレベルの失言だと思うんですが。

どう考えたって、この国のトップに置いて良い人材じゃないのに。

『総理(財務)大臣はこの人しかいない!』って言うなら、
そのまま『この人しかいない!』って言ってるコピーみたいな人に
すげ替えたって、思想や政策は受け継がれるはずなのに、
なんで未だに失言等の危険度の高いあの人たちをかばうのだろう?

 今回の事件だけでも、問題もみ消しに
どれだけ時間とお金と人材が消費されてるのか。


ついでにいうと、日本の『報道の自由度ランキング』って、
2017年度、72位ですからね。
 
テレビや新聞だけでは報道されない事実がたくさんあります。
だからバランスをとるためにも、ネットニュースは左寄りくらいで
ちょうど良いと思って読んでます。(上記の記事もね)

解りやすく右傾化してるせいで世界からは敬遠されてるし……。
今回の北朝鮮の事も、ロシアの事も、日本だけ置いてけぼり状態。

歴史の修正なんて、本当に逆効果ですからね。
右翼的な思想を持つのは個人の自由かもしれませんが、
せめてもっと現実的な視点でものを言わないと、
日本だけがまだ戦中の妄想にとりつかれている、
相手にしない方が良い国になっちゃいますよ?(もうなってるけど)

今後世界の情勢がどう転ぶか解らないけれど、
取りあえず国内で右翼左翼って内部分裂してる場合じゃないですから。

最低限、法律は守って、何重もの嘘で塗り固めない、
心底国民に支持される総理大臣が必要なんです。

それもアンケートである程度、支持率が落ちても、
選挙にきちんと反映されなきゃ意味がないんですって!

反対の意思表示として、きちんと投票できる状態にしなきゃ、
結局この国はずるずる『戦争できる国』というか、
たぶんトランプ政権のままなら、お金はふんだんにとられた上に、
『いつでも便利に露払いに使用できる軍隊の国』になっちゃうんですってば!


『共産主義』『民主主義』、どちらのあり方も、
そういった名前に隠された一部の権威が牛耳る現実には
『独裁主義』になってからでは、もう変えられないんですから。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫) [ ダライ・ラマ(14世) ]
価格:799円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)





 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
囚われのチベットの少女 [ フィリップ・ブルサール ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)


一方の民族を下に見たり、お金を稼ぐことが第一の目標になった時の
人間の残酷さは、日本も含め、歴史上あらゆる地域で観ることができます。

そろそろ、人類全体、ひいては動植物を含めた、
できるだけ全生命の愛と平和と幸せを、すべての民族が
いっしょに協力して作る世界を目指しても良いのではないでしょうか?

経済以上に、心の豊かさと幸せを求めて、戦争を手放し、
少しずつではあっても、お互いに平和を約束する世界にしていくことでしか、
人類の根本的な問題の解決にはならないと思います。






エブリスタ
Nekotamibnneko