2017年10月25日水曜日

台風も来たし。



 なんかこう、高齢になるほどに選挙にも行きにくくなるのだから、
宅急便におけるバーコード的な機械持込みみたいな感じで
自宅にいながら本人確認が出来て投票できるシステムにすべきだと思う。


 さて、選挙の結果は事前予測から予想できたとはいえ、
私にとっては酷い内容でした……(TェT)

このままだと今のアメリカと似たような状況になるような。

(不正疑惑があっても人権を無視した事件(詩織さんの事件)があっても、
経済優先でトランプ氏が大統領に選ばれた経緯に似てると思うから。)

景気が良くなっても格差は広がるばかりだという気もするし。


都議選の時の民進党の不人気さは、
護憲・改憲派等、内部でも分裂していて、
そこに投票してもどちらに転ぶか解らないから、
選びようがなかったせいだと思いますけど……。


今回の希望の党も、野党代表として安倍政権を倒す方に進むのか、
公約内容からして、与党の補佐的な位置につくのか、どちらに転ぶか
解らなかったから、結局票が伸びなかったんでしょうね。

「そんなつもりで投票したんじゃないのに!」
ってなったら本末転倒ですから。(TェT)


もし希望の党が護憲派だったら、
ものすごく解りやすい政権交代もあったかもしれないけど……。(-ェ-);


そんな護憲派の『希望』になったのが、立憲民主党。
(普通に好き。(๑•ω•́ฅ✧)

共産党、社民党の皆さんと共に、これから最高の意味での
日本の平和のために、頑張っていただきたいと思います。(TェT)


個人的には希望の党は、例え右派よりや改憲派でも、
今の自民党の安倍一強の元でだけよりは、
まだ慎重に審議してくれそうな党として、
もっと与党と票を割って欲しかったんだけどな……。(TェT)


小池さんも優秀な人ですし、何か不正をしたわけでもないのに
そこまで一人だけの責任として責められるのはどうかと思うので、
もう少し柔軟に活躍していただきたいと思います。

(可能ならば『希望の党』も護憲側にまわっていただきたいけれど、
立場としては今更もう無理ですよね……(TェT);)


せめて自民党の内部でも、そろそろもう少し何か、世代交代とか
希望を感じられる動きがあると良いんだけれど。(-ェ-);



今まで世界から高い評価を得ていた
日本の『技術』や『誠実さ』についても不信感が漂う今、
『平和』まで失ったら本当に『日本』そのものが危うい。

何度も言いますが、平和主義を失ったら、
日本ほどすぐに攻撃目標になりやすい国はないですから。

仮に今から日本が急ごしらえで核やミサイルを持とうと思っても、
もうその動きだけで北朝鮮から攻撃を受ける立場にいると思うので。


じゃあ何ができるかというと結局のところ、情勢が変わるまで、
平和主義を前面に押し出しつつ、うまく立ち回るしかないような。(-ェ-);


一番の問題はアメリカの現大統領がトランプ氏だってことなので、
この人が人間としてもう少しまともになるような何かが起きるとか、
内部でなんとか方向性や発言をセーブできるようになるとか……。
 (同じく北朝鮮も。)

奇跡待ちか……。

何でこうも大きな権力と財力がある人間に限って、
他者を思いやる余裕と人間性がないんだか……。(-ェ-);




暗くて真面目な話が長くなったので、今期オススメのドラマ!(๑•ω•́ฅ✧


一番面白いのは『刑事ゆがみ』ですかね。(^ェ^);

最近の刑事もので、「観ているだけ」で理解できるのは貴重。

セリフの説明に頼らず、画面とシーン構成だけでも飽きずに観ていられて、
人物設定等、楽しく理解しやすくなってます。

ゆがみさんに対する神木君のキャラが可愛い。(笑)
 


今日やっていた『監獄のお姫様』も同じく、楽しく理解できて良いですね。
 満島ひかりさんの「先生」役もカッコよくて素敵です♪Σd(ゝω・o)☆ 


『明日の約束』も、きっちり観ていきたいドラマです。

 私の小説のテーマの中にもありますが、
親と子、人間形成のあり方とか、やっぱり家族や学校以外でも、
もっと根本的に自分が自分であるだけで『愛される』
余裕のある社会が作れたらと思いますね。


『民衆の敵』は初回から一生さんがセクシーすぎて大変です。
シャワーシーンからのイエーイ(?) 羨ましい!!Σd(ゝω・o)♥。+.。゚:;。+

ぴっちりしてる時より、もっさもさの髪の時が好き。(*´ω`*)♥

二世議員とはいえ、ちょっと苦労したり、
特殊な生き方をしてきたキャラなんですね。


 あと映画だけど『エイプリルフールズ』面白かったな……w






以下、 【第三章:風の狩場とカルマの谷 三】です。



続きを一気に読みたい方は、↓下記アドレスからどうぞ!
 
【第三章:風の狩場とカルマの谷】
 
 







 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 


 
【第三章:風の狩場とカルマの谷 三】

 集落を取り囲む木の柵は、近づいてみると思いのほか大きなものだった。

 一本一本が巨大な丸太の組み合わせで出来ており、幹そのままの箇所もあれば、幾何学模様で何かのモチーフが彫り込まれ、青・赤・白・黒の四色で色が塗られている箇所もある。

 最上部は荒削りながら杭のように尖っており、その先は無理やり折り曲げられたフォークのように、集落の外側に向かって突き出している。

 遠目からは年月を経た王冠のようにも見えたその柵は、下から見上げればより厳《いか》めしくこちらに迫り、お前に中に入る価値はあるのかと訪問者を値踏みしているかのようだった。

「こういう風に防護柵が外側に傾斜してるとね、岩イノシシがジャンプして入って来られないんだって。
 もっとも、ここまで来る動物たちは滅多にいないらしいけどね。
 ま、もしもの時の備えってやつだね」

 ギンコの説明と同時に、柵と同じく巨木で出来た門がゆっくりと開いた。
 扉はやはり幾何学模様に派手に彩色され、門の上では翼を拡げたグリフォンの木像が天を仰いでいる。

「グリフォンは空の者でもあり、大地の者でもある。
 魔獣の中でも龍族の次に高く飛べて、天と地のメッセージの橋渡しをしてくれるとも言われているんだ。
 ……それに何より狩りが上手い。
 隣り合う魔獣の世界への畏敬の念と、魔獣よけみたいな、両方の意味を持ってるモチーフなんだよ」

 にっこりと笑うギンコにスズは頷いた。
 どれも初めて見る物のはずなのだが、どこか懐かしい感じもする。
 そういう物なのだと、何故だかすんなりと腑に落ちた。

 門の両脇には、白く細長い柱のような、巨大な石像が一本ずつ立っていた。
 施された彫刻は、かなりデフォルメされてはいるが、右は龍で、左は虎のようだ。
 おそらくはこの世界の神であるフィルコとミオなのだろう。
 その両目には深い青緑色をしたターコイズのような石、そして口には濃い紅色の珊瑚のような石がはめ込まれている。

 地球でいう、インディアンのトーテムポールのようだと、スズは思う。
 よく見れば柵や扉に幾何学的に描かれた模様や色の組み合わせも、洋服や雑貨などで見たことのある、アメリカやカナダのインディアンアートに良く似ているのだと、今更ながらに気がついた。
 不思議な懐かしさを感じたのはそのためかもしれない。


「さあ、着きましたよ。ここが『マヌルの郷《さと》』です。
 ……先に降りて村に向かって下さい。私は駐車してきます」
 ブラッドが一瞬何か思い出したような顔をして、そう告げた。



 柵に囲まれた村はほぼ完全な円形で、その中央から柵に向かって、放射状に八本の太い道が伸びている。

 道の両脇には中央に木の杭が立てられた三角錐形の白い小さなテントが点在しており、やはりいくつかの色を使った幾何学模様で、動物などの絵柄が描かれている。家々独特の模様があるようだ。

 これらもインディアンのティピーに良く似ていたが、テントの真上には何かクルクルと回る皿のようなものが浮いており、それはどうやら換気と雨除けの役割を果たしているようで、地球では見られない性質の道具だった。

 テントから出てきたり、すでに道沿いでシルフのメンバーたちを出迎えてくれたネコタミたちは、巨大な柵の迫力ある様とはまた違い、皆朗らかで気さくな様子だ。
 それでもどこか勇猛な気質も感じさせる顔つきや出で立ちで、タオの街のネコタミが『飼い猫』なら、マヌルの住民は『山猫』とでもいったイメージだろうか。

 村全体の雰囲気も、お祭りというよりは歓待の、共に戦う同志を迎える喜びに満ちている。

 しばらく歩くと、やがて村の中央に位置する、一際大きなテントが見えてきた。
 規模は違うが他のテントと同じく円錐形で、その中央には大きな木の杭が何本か立てられている。

 テントの上部には大きく色鮮やかに、幾何学的にデザインされたグリフォンが描かれていた。
 入り口の布は円形に大きく開いており、内部から歓迎の声がする。

 初めての土地では仮面をかぶっていたほうが無難だと学んでいたスズは、あまり目立たないようにシルフのメンバーの内側に隠れるようにしてギンコの後を歩いていたのだが、そのまま皆について大テントの中に入っていった。

「お帰り、マイ・サン!!」
 そう叫んで皆の目の前に飛び出して来たのは、巨大でカラフルなミノムシだった。



【2015/011/06 第三章『風の狩場とカルマの谷』3 了】


 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 



続きを一気に読みたい方は、↓下記アドレスからどうぞ!
 
【第三章:風の狩場とカルマの谷】
 



ちなみにこちら↑、有料分もちょっとだけ更新しました!(๑•ω•́ฅ✧
 
ただ有料の設定が、全体の値段なのかページ単位なのかいまいち解らない……。
40ページ以内で、40円から120円の間で選べるようになってるんですが。
 

何時間か悩んだ末、占いにより100円にしましたが、もしページ単位だったら、
残り10ページだったとしてもバカ高くなるような。(-ェ-);

いやいや、もしページ単位だったらそもそも一円単位で選べますよね?
だって普通に小説なんて短編でも100ページくらいはあるものだし。(^ェ^);
 
って思いたい。 
 
一つのお話単位の値段だと思ってるんですが……。
大丈夫だといいな!! 違ってたらごめんなさい!(TェT);






Nekotamibnneko