2014年7月15日火曜日

最近のまとめ。(^ェ^);




そういえば、彦星覚醒は結局『32』で終了しました。(TェT)


それでも、ここまでできたのはフレンドさんや
助っ人さんのパワーとスキルのおかげ……

ありがとうございます!!m(_ _)m。+.。゚:;。+



来年の七夕にも引き継ぎキャラOKで同じイベントをやってくれないかな。(-ェ-);

そうしたら今度こそ織姫と彦星を出逢わせてみせる!!(TェT)q☆。+.。゚:;。+



というか、織姫覚醒の時に真夜中に二回ほど起きてゲームをしていたことが
寝不足で体調不良のきっかけになったような気も……(-ェ-);


でもね!

この3日ほど、『黒ウィズ』も『パズあに』もゲーム途中でエラーが出てて、
画面が固まっているので、したくても出来ません!!(TェT)


せっかくゲットした金猫が……早く私の慶くん(前田慶次)を強化したいのに……。




どうやら途中で通信が切れると動かなくなるらしいのですが、
放っておけばたいがい翌日には勝手に直ってたり。

でも今回は長い。(-ェ-);



まあ戻らなかったらゲームしてる場合じゃないという神様からのメッセージということで……。

でもせっかく強くなりはじめたのにー!直れ―!!(>ェ<);


ちなみに『にゃんこ』のほうは本体内蔵システムらしく、普通に動いてます。(^ェ^);




 うん。


そんなわけで(?)、今、いっきにタロットカードのモノクロ鉛筆画を終わらそうとしています。

最初の予定では小アルカナ含む全78枚を描く予定でしたが、
デジタル画の練習もしたいため……。


ひとまず大アルカナの22枚まで終わらせて、
それからデジ画の勉強を本格的に始めようと思っています。



上の写真は大アルカナ13番目の『死神』です。

 こうやって改めて絵にしてみると、占いとして出て嬉しいカードと、描いてみて楽しいカードは
けっこう違うものだな、と。(^ェ^);


『死神』 もまた、実は大アルカナでは一番登場人(?)物も多く、凝った絵柄だったりして。

(※あとで気が付きましたが、『審判』のほうが登場人物は多かったです。
ごめんなさいm(_ _);m)



死に至る過程には違いはあっても、『死』そのものは
王様にも、子供にも、聖職者にも等しく訪れる、という、 絵になっています。


そういう意味合いにおいて、死は生よりも平等であり、
身分や賄賂によって差別をしない、『死神』という存在の優しさという捉え方もできますね。
 

タロットはそのように、一枚の絵で読み取れることがたくさんあるのもまた魅力です。(^ェ^)




小説の方は、今ネコタミのあれでサーカス関連の本を読みなおしています。

でももう15日になってしまったのでそろそろショートショートも書かなければ。(-ェ-);


やりたいことがいっぱいあるぜよ。(^ェ^);




88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】