2015年2月11日水曜日

『あたし、天然だ』と、昨日ようやく気が付く出来事。




人に言われても今まで自分ではそう思ってなかったのに。

 『35xxxv』

  ↓

単に、ローマ数字の30『ⅹⅹⅹ』 +5 『Ⅴ』 ってことじゃん!! (TェT)


って、昨日、フラゲして届いたアルバムの歌詞カードの
『Memories』あたりのデザインを眺めていてようやく気付く。

(‐ェ‐);


あれですね。たぶんローマ字表記が機種依存文字だから『xxxv』にしただけで。

ルーン文字とか暗号解読の方向に考えなくて良かったんだ。(TェT);

あ、一応言っておきますが、『年齢同じ』の自覚はありました、最初から。

ところで昨日のラジオはやっていることを知らなかったので聞いていませんでしたm(_ _)m;

最近なんだかすれ違いが多い。(‐ェ‐);


そういえばネットで注文してみた『六均音ジャパン……面白い変換した。
『ROCKIN'ON JAPAN』の件。


ご注文いただきました
『ロッキングオンジャパン 2015年3月号 VOL.448』の件でご連絡差し上げます。

誠に恐れ入りますが、ご注文の商品はこの度多数のご注文をいただき、

当店・出版社ともに在庫切れとなり、現在は重版の予定がないため
大変申し訳ないことに商品をご用意することができませんでした。

せっかくいただいたご注文であるにもかかわらず、

ご要望にお応えできず誠に申し訳ございません。

つきましては、誠に勝手ではございますが

今回のご注文は当店にてキャンセル処理をさせていただきます。


ですって!!どんだけ大人気やねん!!
ワンオクやTakaくん表紙の時は多めに刷っておいて雑誌社さんも!!(TェT);

……なんかもういろんな意味で諦めました。
そして私はTakaくんの想いを永遠に知ることはないのだ。(涙)←大げさ。



そんな今日発売の『35xxxv』!!


 ↓※こちらは通常版です!!
 ↑※初回限定盤ではないのでお気をつけて!!


でも個人的には初回限定のシークレットトラックのみを楽しみにしている方には、
今回は通常版でも良い気が……w(^ェ^);

DVDはまだ観てないのでなんとも言えません!!(>ェ<);



ひとまず恒例の感想を。


でも今回はなんかもう……英語って難しいですね。


最近Twitter でお話した英語圏のかたに、
『明日も(あなたの一日が)良い一日になりますように♥(感謝)』って言ったつもりが

『明日もあなたとお話したいわ♥』と意味を取られたようで、
何やら説明が難しいことに……。すごい良い人なんですけど!!(TェT);


英語って……そして外人さんだからと言って気軽に女性から男性(?)に♥って
使ってはいけないのかもしれない……とかなんか色々……
いやどこの国でも外国語は難しいんですが。前にも似たような事が、ってそれはもういい。


そんなことを踏まえまして。




今回あんまり時間がなくてちゃんと歌詞の英語の意味を調べてません……。

日常のそれでもう疲れた……(‐ェ‐);



なのでいつも以上に自己解釈かつ、表面的な感想です。
なのに無駄に長いというねw

以下その程度のお話なので読まなくて良いですよ。m(_ _)m。+.。゚:;。+







でももっと全歌詞英語かも、と覚悟はしていたので、
そういう意味では日本語も多少含まれていて良かったかも。私にとっては。
日本語オンリーの歌はもうないけれど。(^ェ^);


※以前シングルで感想を書いた曲は、省くか、違う方向で感想を書いてます。




01 『3xxxv5』 

ピアノから。自分の気持ちに嘘を付いたの?

黒い霧と、体の中で暴れる龍のイメージ。

それでも手に入れたい物がある。

全部の言葉が聞き取れる訳ではないけど、
アルバム全体を通しての、無くした物への思い、というか。

でもただの喪失感とはちょっと違う気がする。





02 『Take me to the top』  

ハリウッド映画とか  F1とか。スノーボードとか。
スピード感のあるイベントやスポーツでなんでも使えそうw

でも彼の言う「top」ってどこだろう。


例えばそれがグラミー賞なら、これからワンオクが磨くべきはメロディだと思う。
頭から離れなくなって、何度も口ずさみたくなるような。

世界中で歌われる歌って、実は歌詞は自国のものでもどっちでも構わなくて、
頭に残るメロディと心に残る前向きなメッセージだと思うから。





03 『Cry out』  
 

 これもPVはすでにハリウッド風なんだけどw

でもまだ聴いてない人は、先にCDで聴いていただきたい。
なんかその方が曲その物の良さが伝わると思うので。(^ェ^);

 優しい始まりなんだけど。

個人的に「目つき」が速っ!!(・ェ・); で、なんか好きです♪
さすがTakaくん。

コーラスが男前ですw 気合が入ってます!!


この曲は聴けば聴くほど好きになるタイプ。

なんかね、最初に聴いたのがPVの画像付きだったから、カッコイイんだけど
映像のイメージと意識が二分されちゃったというか。

映像としてはカッコイイんだけど、相乗効果というより二つ物語がある感じで。
なんかちょっと曲への意識が飛んじゃったんですよね。(‐ェ‐);








04 『Suddenly』  

「突然」 。
『Mighty Long Fall』にもSuddenlyって単語が出てきますね。

よっぽど突然大事な人を失ったんだなって、アルバム全体から見えてきますが……

どうなんだろう、いつの話で今はどうなのか。(^ェ^);








05  『Mighty Long Fall』 <映画「るろうに剣心 京都大火編」主題歌>


カッコイイです!!(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

ただ「描きたがりな未来に~」は、絵を描く側の人間からすると
この言葉はなんか酷いと思う。笑

最初に聴いた当時、「ないのかよ!!」とけっこう傷つきました。(^ェ^);


あ、こうして見ると『るろ剣』並びですね!↑↓










06 『Heartache』 <映画「るろうに剣心 伝説の最期編」主題歌>


アコギからの。(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

こういう歌をこういう風に歌えるからこの人たちは世界レベルなんだよね、って思います。

変な話、MJさんを思い出すんですよね。

世界レベルで説得力のある、素直なメッセージを伝えることのできる声質、というか。

透明感がある、のとはまたちょっと違う、綺麗で素直な声の感じが好きですね。(^ェ^)♥

ちなみにこういう日本語歌詞も大好きです!!(TェT)♥。+.。゚:;。+ 



……一曲目からあれですが、Takaくんどんな嘘をついたねん。 笑

という突っ込みを入れていいんだろうか。(^ェ^);


でも「僕の心を唯一~」「結び目」のところとか、本当に良いですよね!!(TェT)♥。+.。゚:;。+



今の日本で流れてる歌って小学生の作文をそのまま読んでるようなものも多いので……

『歌詞』っていうのはこういう物ですよ!!(>ェ<)b☆。+.。゚:;。+

だからTakaくんの日本語歌詞、本人はどう思っていようが
私としては本当にすごく高評価なんですけどね。(^ェ^);



でもあれですよ! 本当に繋ぎとめたい人なら「この曲聞いてくれてると良いな」じゃなくて、
直接「この曲君のために作ったんだ!!」ってはっきり伝えないとダメですよ!!(TェT)

うん、『るろ剣』のために作ったのかもしれないけど!笑





07 『Memories』

デジデジw 

タイトルからもっと個人的な”想い出”っぽい方向かと思ったら、
デジタルコピーみたいなほうの、外部に持ち運んで誰にでも公開できる媒体とか、
人類の歴史の保管、共通認識と言うタイプの「メモリー」のイメージ。(^ェ^)

なんか可愛いんです。
スクリーンの発音とか。

今聴いていて思ったけど、日本語の発音もきっちりしっかりしてますね。(・ェ・);


でも昔の人でも、悔しいぐらい素敵な憧れの人がいることも、ある意味幸せなことですね。
マザーテレサや、オードリーヘプバーンさんとかの名言大好きですもん。
一生懸命生きている人は、いつの年齢でもキュート。(^ェ^)♥。+.。゚:;。+

人生全般を見ると、ご本人には辛い事も多かったと思うけれど、
人生を通して自分や他人に対して愛をもって誠実に生きている人が好きです。 








08 『Decision』 
<映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」メインテーマ>


 曲じゃなくて、映画やDVDについて。(^ェ^);

だからね、Takaくんが被っている毛皮(かなー?)の帽子 が怖くて観れません。
だから買ってません。映画も観に行ってません。

『仏の顔も3度まで』っていうけど、私の場合は自分の中で許せない事を二回やられたらもう。
三度目に同じことされたら完全に嫌いになる。のが怖いから相手と二度目で距離を置く。

みたいな事で。しっかり確認してしまったら、たぶんよりショックなので。

人間としても男の人としても好きなんですけどね。
それだけに好きな人がリアルファーを着てる姿をみるのは苦痛。(TェT);


でもこれって見ないふりをしてるだけで意味がないのかも。
 というのは自分でも解ってはいるのだけど。

 誰か教えてくれませんか?みたいな。


曲のイメージとしては、なんかほっとします。(^ェ^)。+.。゚:;。+ 






09 『Paper Planes(featuring Kellin from Sleeping with Sirens)』

 ”紙飛行機”。

の、可愛いイメージかと思いきや。

この紙飛行機って、お札で出来てるの?(^ェ^);

それが手榴弾に……

どうなんだろう。

お金に踊らされるような人(自分も含めてアーティストだったり、
ただお金を稼いでそれを使うことに忙しい人)を自虐的に歌っているのか、
戦争でお金儲けするような人たちを比喩してバカにしているのか。

そのどっちでもないのかどちらでもあるのか。

”お金は話すけどその言葉はチープ”。


でもやっぱりこれってある程度お金持ちの人の感覚で、
使い方によってはいくらでも人や動物の命を救えるものだから。
解釈が難しいな!! 

お金そのものよりも、結局持ってる人や使う人の人格の問題だよ!!(>ェ<); 


曲自体は可愛い、というか子供っぽい。声もちょっとTakaくんじゃないみたい。w(^ェ^);

他のアーティストさんとコラボしてる作品ですが、
いっそ全部を可愛いデジ声の女の子が歌っても面白いだろうな、とか。(^ェ^);





10 『Good Goodbye』  

アコギからの。(^ェ^)。+.。゚:;。+

Takaくんのこういう声好きなんですよね。

シンプルな曲だけどサビが恐ろしいほど綺麗。

サビ部分を声の合う女の人とハモったら、また一段、さらに
大化けする曲のような気がするって思っちゃいました。

今回一番早く覚えて一緒に歌いたいなと思えた曲。








11 『One by One』

昨夜書いたメモに、「弦楽器? なんか好きな音入ってる。 なんだろ」
ってあるんですが、なんだろう?(‐ェ‐);

クラップがちょと特殊でカッコイイの。

ライブとかでも足を踏み鳴らす形でやったらたぶんカッコイイと思うんだけど、
でも若干軍隊よりな感じになりすぎな感じもする。(苦笑)

ちゃんと逆説的な意味で取ってくれたらいいけど……。

今の日本はもう危ないから。






12 『Stuck in the middle』


直訳したら 真ん中で立ち往生”w

うむ。これもクラップ?というかなんて言ったらいいんだろうこの音。
これが遠くから近くへ、左右、みたいな距離感があって面白い

メモから言うと、「日本語のとこだけ本当に何を感じてるか解る」みたいな。(^ェ^);
 
ワンオクのみんなはすごく速く前に進んでいると思うけれど。
そういうとこじゃなくて何か、あるのかなぁ?(‐ェ‐);






13 『Fight the night』


すごく大きな意味で、今の地球というか人類が。

でも暴力じゃなくて、それを回避するための戦いであってほしい。


タイトルだけ見ると、「戦え!! 戦え!!」 っていう言葉ですが、
曲はむしろ壮大でゆったりとしていて、
大きな大陸に、朝日がゆっくり昇るようなイメージです。

まだ見ぬ理想の未来のために、多くの傷は癒えないけれど 、
それでも立ち上がろう、ってそう思える歌ですね。


なんか……ワンオクのみんなは、
良い意味で世界的な大きいアーティストさんになってくれてますね。(^ェ^)。+.。゚:;。+


この曲の終わり方は力強くもあり、でも力任せに強すぎることもなく、
本当に難しいしっかりとした止め方になってると思うんですけど、
それがまたこの曲の”守るための戦い”っていうイメージとぴったりで。

すごいなって思います。

やっぱりONE OK ROCKはすごいや。(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+






で。 『シークレットトラック』。


……。


……。


なんか変なカエルか、妖怪っぽいもの来ましたね。



えー。 二番やらしい方に行ったし。
なんだろう、この台無し感。(((((((ΦωΦ)))))))ガクガクフルフル


レコーディングの空き時間に卓球するくらいなら
そういう時にネタを出しなさいよ!!(ฅ`ω´ฅ)

それか卓球しながら素敵なメロディを絞り出して歌い合いなさいよ!!。+.。゚:;。+


はい、今回はダメな感じです!! 音楽の授業はどこ行ったの!?
もう一回、お笑いのなんたるかをみんな学び直そう!!

下品なら、笑えるってわけではないんだよ?!

解散!! 以上!


ってこんな感じです。うん。
なんだか恥ずかしくて、一回しか聞いてないです、 今回のシークレットトラックは。
次回の課題はそこですね。(そこかよ)

なんかもう、無理してやらなくても……。
ほんと真面目に考えましょう、そこは。

あんまり酷いと、次は通常盤買うからね!!(๑•ω•́ฅ✧





はい、そんな感じです!!笑

今回も、最後までお読みいただいてありがとうございました!!m(_ _)m♥。+.。゚:;。+












88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】