2015年1月27日火曜日

634。





 先日、母が会社の町内会の研修旅行でスカイツリーなどに行ってきた時のお土産。(^ェ^)

 味は普通(笑)ですが、缶のデザインが細かい!!(>ェ<);↓


例の美しいエレベーターがものすごく静かで、昇っている感じがしないのだとか。

んんん、そういうのはちょっと体験してみたい。(‐ェ‐);


スカイツリーの高さは634mで、「ムサシ」、
武蔵国(旧国名:東京・埼玉・神奈川の一部を含む地域)にちなんでいるそうな。

そう言われると覚えやすいですね♪(^ェ^)。+.。゚:;。+ 



 さて以下、ショートショートのCMです。m(_ _)m

 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 




 4.うさぎの夢


「うさぎにおまんまをやるのを忘れちまっただろか?」
 茶の間でうとうとしていた母が、僕にそう尋ねた。

「ウサギって、あの耳が長くてピョンピョン跳ねる兎のこと? 
 うちにはもう、兎はいないよ」

 僕は答えた。母は今年で96歳になる。
 痴呆も進んでいて、時々おかしなことを言う。

 こんなふうに昼寝して起きたあとは、
 今の季節どころか、昼か夜かさえ判らなくなることも多かった。
 きっと昔の夢を見たのだろう。

「うちで兎を飼ってたのは、僕が子供の頃だったろう? 
 今はもういないよ」

 そう僕が言うと、母はどこか納得できないように、
「自分ばっかりご飯を食べて」とか、
「可哀想なことをしてしまった」とかいうことを、
 口の中で小さく繰り返した。

 

 僕が子供の頃、それは戦争も終わってしばらくたった時代だった。

 食用で飼っていたからか、
 母は僕に兎の世話をさせることはなかった。

 きっと食べるために屠られる動物に対して、
 あまり愛着や同情心を植え付けたくなかったのだろう。

 僕の役目は、もっぱら山から餌用の草を集めてくるくらいだった。

「ウサギがいるの?」

 いつの間にか僕の足に、孫がまとわりついて目を輝かせていた。
 彼は動物が好きだ。
 幼稚園で飼育している動物や鳥の話をよく聞かせてくれる。

 こんな田舎の山奥だが、
 近頃では野生の兎なんてそう見られるものではない。

「いいや、おじいちゃんの子供の頃のお話だよ。
 今は小屋が残ってるだけ」

 僕は彼の頭をそっと撫ぜながら、笑って答えた。

 家から畑に向かう途中の裏山の手前に、木造の小さな牛小屋がある。
 そこの端っこに手前だけ金網でこしらえた、
 兎や鶏飼育用の小部屋がついている。

 僕が大人になる頃には牛や兎はもう飼っていなかった。
 今は使わなくなった食器や、家財道具が押し込んである。

 孫は「ふーん」とつまらなそうに部屋から出て行った。
 彼の夏休みは始まったばかりだ。

 また庭や畑やそのあたりの野原へ冒険にでも行くのだろう。
 心配しなくとも、近所のみんなが彼を見守ってくれる。
 良い時代だ。



「どこで子供が泣いているんだろっか?」

 夏の深夜、母が僕を起こしてそう言った。

 孫は娘たち夫婦といっしょに寝ているはずだ。
 泣き声など、どこからも聞こえてこない。

「きっとまた夢を見たんだよ」僕は答えながら、
 母の寝室まで付き添って寝かしつけた。

 ことんと眠ってしまう直前まで、
 母は「赤ん坊が泣いている」と目に涙を浮かべて訴えていた。

 きっとその思い出の中の赤ん坊は僕のことだろう。
 僕は一人っ子だったからだ。
 だが一人っ子なのは僕だけではない。
 僕ら世代の人間はみんな、兄弟姉妹はいないはずだ。


 あの戦争は、人類全体の数が増えすぎて起こったと言われている。



 〈続きはこちらで⇒ http://p.booklog.jp/book/92804 〉


 ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 



以前も言いましたが、このショートショートの元ネタは、
うちの祖母の実際の発言や行動から。(^ェ^);


今年、まさに今月の17日に、94歳になった祖母ですが。

痴呆のため、時々おかしな事をいうもののうちの一つで、
今は飼っていないウサギに餌をやろうと、野菜を持って外に出ようとしたりと。

まあこれが包丁で野菜を切ろうとしたりすることもあるので、
けっこう困る行動だったりしたのですが。(‐ェ‐);

「自分ばっかりご飯を食べて」も、ほぼそのまま使用しています。



祖母の言い分だと、なんだか餌をやり忘れた感があるのですが、
私も子供の頃、記憶がギリギリあるかないかくらいの頃にうちで飼っていたウサギは、
祖母が面倒をみていたという感じではなかったような?(‐ェ‐);

なのでひょっとしたらもっと古い記憶なのかも、とか。


でも最初はもう少し、地下室に誰かを閉じ込めてしまって(または主人公が閉じ込められて)
痴呆によってそれを忘れた系の現代風ホラーにしようと思っていたのですが。

まあそれはそれでいつかまた、アレンジして書くかもしれませんが。(^ェ^)


そんなわけで、日常生活の色々も、ネタになることがあるのです。
というお話でした。(^ェ^);









88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月23日金曜日

更新情報です!(^ω^)ノ☆。+.。゚:;。+



 http://ncode.syosetu.com/n1497bw/

「眠虎の民‐ネコノタミ‐」第二章の14、先日更新しました!



……13の更新、こちらでお知らせしましたっけ?(‐ェ‐);
日記で言い忘れていましたらごめんなさい。m(_ _)m;




ショートショートの宣伝です。

☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 




 3.世界の平和


 ある日突然、世界は平和になった。

 正確には三日ほどかけて、平和になった。 


 すべての戦争は終結し、
 民族間の争いから大国間の冷戦すらなくなった。


 各国でお互いに平和協定が結ばれ、
 首相や首脳間で握手が交わされ笑顔を固定して
 TVカメラや新聞記者の前でのパフォーマンスが繰り広げられた。

 

 そのきっかけは、宇宙船によってもたらされた
 一つのメッセージだった。

 乗っていたのは、宇宙からの使者、
 自称『宇宙連盟』の宇宙人たちだった。

 
 とはいえこの時、宇宙船自体はそれほど珍しくなかった。

 ある日を境に、地球外からの宇宙船、
 かつてはUFOと呼ばれていた物が
 堂々とあらゆる国の上空に浮かぶようになったのだ。




……〈続きは http://p.booklog.jp/book/92804 で〉




☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 




※以下、ネタバレではないですが、ショートショートの裏話や解説となります。



昨日2.『帰郷』の裏話をするのを忘れてました。m(_ _);m

まああんまり話すとネタバレになるので、
ショートショートの説明は難しいのですが。(^ェ^);

でもああいう話を書く時は、実はかなり感情移入して
途中涙ぐみながら書く、ということもあるのです。

敵を騙すにはまず味方から、と言いますが、
自分自身、登場キャラの気持ちに同調して書いております。



今日ご紹介した 3.『世界の平和』は、自分なりにどうしたら
世界の権力者や代表者の気持ちを『平和』の方向に持っていけるか、と考えた結果のオチです。


本当に、こんな風に解りやすく世界が平和になってくれたら
どんなに良いだろう、と思いますが……。






話は変わりますが、私が使っているTwitter の画像付き定期投稿サイトさんが 、


【 現在、Twitter社より利用制限がかかっている為、
 システム全体で定期ツイートが行えません。
 申し訳ありませんが復旧まで暫くお待ち願います。】


だ、そうで。(‐ェ‐); 
数日待ってみしたが、どうやらいつ復旧するかも不明の様子。(TェT)


理由はTwitter の規定に反する画像投稿が爆発的に増えたから、のようで、
たぶんだから公序良俗に反する画像がいっぱい定期投稿されてるから、
システムごと停止の憂き目にあったのではないかと。(TェT)


他に画像を添付して簡単に定期投稿できるシステムも知らないので、
とても残念な上にまた別の方法で登録しなおさないとかもなーと、
ちょっと (´・ω・`)しょぼーん な状況です。


一般の画像付きツイートだけでも早く復活させてくれないでしょうか……(TェT)




88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月22日木曜日

迷い猫さんの最近。









20日の夜からお家の中に入ってきたメウちゃん(♂)。

今ではすっかりうちの子に。(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

というか、今まさに私の膝の上にいます。笑

尻尾の怪我がまだ心配ですが、まあたぶん綺麗に治るんではないかと!


いざ家の中で暮らし始めると、うちの猫達もものすごく近寄らなければ怒らなくなったので、
まあこちらも徐々により仲良くなってゆくんではないかと。(^ェ^);



ロシアンさんのほうは、なぜか首輪が取れていました。

ボロボロだったから勝手に切れたものか、近所のどなたかの手によって外されたのか……
とにかく、朝と夕方くらいに現れてはけっこうご飯を食べてゆくので、
本格的に野良化しているような。(‐ェ‐);


そろそろ迷子捜索掲示板等に掲載してみようかと。(^ェ^);




はい、ここからはショートショートのご紹介です。m(_ _)m



☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 



☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 

 2.帰郷

 はやく帰りたいな、とマナは思った。

 宇宙船の窓からはどこまでも広がる真っ黒な闇と、

 丸く美しく輝く球体が見えていた。

 あれを見ているとなぜだかほっとする。

「あれは君たちが今までいた星、『地球』というんだよ」

 あの人は言っていた。

 あの人、そしてあの人たち。

 どこか地球の人たちとは違う、

 それでいてたしかに人間、という感じのするあの人たち。

 地球の人たちと比べて、なんとなく目がやさしい気がする、

 とマナは思う。

 マナの目、そして母の目に似ているのかもしれない。

『地球の人たち』、

『やさしい人たち』と、マナはわけて呼ぶことにした。

 

 地球の人たちにさえあまり通じなかったマナたちの言葉も、

 やさしい人たちは理解してくれているようだった。

 

 やさしい人たちの言葉は、

 愛と心から発せられるものだから誰にでも通じるのだそうだ。

 むしろ地球の人たちの言語という、

 時に心と発せられる音の一致しないものの意味がよくわからないと

 困ったように笑っていた。

 そうだよね、とマナも嬉しくなった。

 マナたちの部族の言葉の単語は少ないが、

 感情をそのままのせることで、たとえ僅かな抑揚の違いでも

 部族間の者にならば誰にでもきちんと心が伝わるのだ。

 

 そんなふうに一度でも地球の人たちに

 ちゃんと伝わったことがあっただろうか?

 もし伝わるならば、マナと母を引き離したりしなかったはずだ。

 

 あの日、何も知らされず、

 小屋に閉じ込められたマナの耳に聞こえたのは、

 マナを呼んで悲しげに叫ぶ母の声だった。

 

……〈続きは http://p.booklog.jp/book/92804 で〉



☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 

さっそくご購入してくださった方もいらっしゃって、本当に……

本当に、なんて素敵で優しくて良い人なんですか!!!!!!(TェT)♥。+.。゚:;。+

ありがとうございます、ありがとうございます!!(TェT)☆。+.。゚:;。+

幸あれ! 幸あれ!!。+.。゚:;。+


本当にありがとうございました!!m(_ _)m♥。+.。゚:;。+







88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月18日日曜日

Twitter考。



いやあ……初期は『小説家になろう』の宣伝RTをしているかたたちはみんな、
『RTされたら自動でRT返しする』みたいな機能(そんな便利な機能はたぶんまだ存在しない)
を使っていらっしゃるものだと思っていたんですが……


完全に手動ですね!!(>ェ<);


自分がそうなってくると解りますが、 本当に自ら、小説の宣伝をしてくれているかたは
できるだけ小説の宣伝を返したいと思って探すのですが……

これが、お互いの宣伝によって埋まっていたりすると、
なかなかご本人のつぶやきを見つけられない場合も。(‐ェ‐);


で、私がTwitter を利用している媒体は、パソコンと、iPadなんですけども。
(携帯はいまだにガラケーです。(^ェ^);) 



iPadのほうだと、個人のアカウント画面はこんな感じ↓に見えます。

 ↑本人の写真付きツイート写真が、下に並んで表示されるのです。


つまり、まったく小説とは無関係の写真であろうとも、
画像付きのツイートの方が、見つけやすいことになります。


いつもRTしてくださってとてもありがたいのですが、
ご本人のつぶやきがなかなか見つけられない場合、とても歯がゆく申し訳ない思いをするので、
ぜひとも、画像付きツイートをオススメしたいのです!(>ェ<);



そして次は、iPadのTwitter 画面の変更していただきたい点。(^ェ^);




左横のボタンが上から『ホーム』、『通知』、『見つける』、『アカウント』なんですが。


この『通知』に、「コメント」と、「RTされました」と、「リストに入れられました」等が
一緒になって表示されるのですが……


一日前とか二日前とかにRTしていただいたかたの情報を追いながらRT返ししていると、
現在リアルタイムでコメントをくださっているかたの情報が、遥か上のほうに何度も
スクロールしないと視界に入ってこないんですよ!!(TェT);


だから、『通知』はRT情報だけで、
『コメント』のボタンを別に表示していただきたい!!(>ェ<);


このように、私の場合、一日置きとか二日置き(にしないとたぶんツイ廃になる)にRT返しさせて
いただくことが多いので、RTしているうちに規制がかかる件数になることも多いため、
リアルタイムにいただいたコメントへの返信が、翌日になることがあります。

本当にごめんなさい。m(_ _);m



それとは別に軽くチェックした時に、「けっこう長文でコメントしてくださっている!」と思い、
あとでちゃんと返そうと思って再びパソコンのほうで確認したら消えている、
というかたのコメントもあるのですが……。


Twitter はメールとは違うので、たぶんあちらがメッセージを消したら
こちらではもう二度と確認ができないんではないかと……


ご本人にしたら「やっぱりやめとこう」とか「おかしな文だったかも」と思って
削除してらっしゃるかもしれないので、深くは突っ込めないのですが。(^ェ^);


申し訳ないのですが、体調が悪かったりすると、2、3日後に返信ということもありますので、
けして無視しているわけではないので、できれば数日は残しておいていただけたらと。m(_ _);m


もし人にあまり見られたくない書き込みなどの場合は、DM、
もしくはメールにてお願いいたします!(>ェ<);



あとこれも個人的になぜだ、と思うのが……


普通に、本当に普通に話しかけてくださる方のコメントの写真が、
「問題がある画像の可能性があります」と表示されている時があり……。

表示させるのに非常に勇気がいることがあるのですが。(TェT)

で、覚悟を決めていざ確認してみたら普通のペット写真だったりと。(^ェ^);ホッ。


でもあれはなぜなんだろう……決まった人の事が多いんですが、
「画像に規制がかかってますよ」と、ご本人にお伝えもする事もできず。(‐ェ‐);



その割に、18禁どころじゃない画像はタイムラインに溢れているし……

なんというか、男の人でも昼間とか会社とか電車とかでタイムラインチェックしてる時に
そういう画像が流れてたら困るんではないかと思うんですが……


あまりにもアダルトでダイレクトな写真とかは、専用の黒Twitter みたいなやつとかが
できれば良いのになぁ、と。

それ目的でそういう情報を集めたい人が集まる場所のほうが効率が良くないですか?


子供の頃からああいう画像を見せられたり、見ることができるのって、
けっこう不幸な事だと思うんですが。



見慣れてくるとギャグにしか感じなくなってきたりしますが、
それだけに、やはり秘すべきものは秘すべきだと。

日本の奥ゆかしさはどこへいったのだろう。

『はだしのゲン』とかは規制しようとするクセにさ。



というわけで(?)、あまりにもエロ系やアダルト系のつぶやきやRTしかない方の場合、
いくら小説などの宣伝をしていただいても、
さすがにお礼RTとかはできない場合もありますのでご了承ください。m(_ _)m


なんか変な締めとなりましたが、まあそんな事もありますよ、という事で!!
(´・ω・)ノ☆。+.。゚:;。+









88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月15日木曜日

めうちゃん(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+




ちょっと離れると「ミャウー!! ミャウー!!」と、鳴くのですもの。

翻訳すると「ママー!!マママー!!(TェT)」みたいな。


なので(?)メウちゃん(仮)(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+




 
ちょうど見えないけど、シッポのここの所を怪我して↑おります。



↑うちの猫達との距離感。↓

 

メスたちは「まあ、なんか知らない子いるわ!」みたいにそそくさと逃げるんですけど
オス(とくに一護とルキア)は近寄りすぎたり、
私の見ていない時は下手すると手を出して怒るので……
(雨竜はなぜか興味なさそうにスルーw)

間に入って両方を撫でる、みたいなことをしてだましだましw
少しずつ慣れさせていっています。




 かわゆい(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+ 




ロシアンさんのほうは、昨日も来たのでご飯を食べている間に
首輪の裏側を見たのですが、見える限りでは
電話番号等は書かれていないような……。

はずして確認したいのだけど、その間に逃げてしまったら
また元のように付けられるかもわからず、
飼い主さんのとっての大事な特徴が失われてしまうため、
無理にはずすわけにもいかず。(‐ェ‐);

 ちなみに抱っこもさせてくれましたが怒っていたので、
抱っこは嫌い派みたいです。(^ェ^);


うーん……

うちは山の中の集落のため、

【家】 山 道路 【家】 林 道路 【家】 森

みたいな感じで、隣のお家で飼っている猫も(室内飼いだと余計に)
どんな種類か解らなかったりするんですよね。

だから数百メートル離れた近所のお家の猫さんのお散歩かもしれないし、
迷子と確定していいものか……。


この辺まだどう対処すべきか悩んでおります。(‐ェ‐);






88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月14日水曜日

やるべきことを順番に。


↑カメラを向けると手の匂いを嗅ぐので近すぎてこんな写真に。w


さて、一月ももう半分!!(>ェ<);

という事で、やろうやろうと思って手を付けていないことを始めます!

『ショートショートの国』に掲載している作品一話ずつ紹介します!m(_ _)m

 








1.古代の箱 ☆
2.帰郷 ☆
3.世界の平和 ☆
4.うさぎの夢 ☆
5.消失論 ☆
6.優しい人 ☆
7.続・優しい人 ☆
8.世界でもっとも×××な小説
9.間引き ☆
10.エサとカテ ☆
11.ある死刑囚の夢 ☆
12.受信
13.四つの墓
14.ゴミと女
15.砂漠の女
16.千年後の眠り姫
17.ウサギの中身
18.宿借り
19.交霊ライン
20.空から
21.スカウト



以上21作品。

日々ちょっとずつご紹介していきます。


☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 



 1.古代の箱


 その箱は、十センチ四方の小さなものだった。

 素材は一般的な土器である。

 それは蓋をされ、何重かに紐でくくられ、
 その結び目はきっちりと封泥《ふうでい》がされている。

 
 封泥とは、古代の封緘印《ふうかんいん》である。

 封をしたい容器の結び目などに粘土玉を置き、
 その上から個人の所有を表す特別な模様を描いたり、
 印を押したりしたものだ。

 現在では手紙やワインなどの
 封蝋・シーリングワックスに受け継がれているが、
 その粘土版と言ってもいいだろう。


 最古のものは、約八千年前の新石器時代、
 シリアのテル・エル・ケルク遺跡で発見されている。

 このシリアの封泥をした入れ物のもっとも大きな特徴は、
 印をした本人や、印の所有者しか開けてはいけないという規則だ。

 これは所有者を特定し権利を保護する
 個人の金庫のような役目を果たし、
 物資の数量管理や貿易流通のために使われたらしい。

 古代の人びとが現在でいうところの
 経済取引や輸送適正取引のようなルールを
 粛粛と守っていたとは驚きである。    

 
 今回新たに発見されたこの古代の箱は、
 まさにそのような封泥がされたものだった。

 箱の封印がすでに解かれているものがいくつかあり、
 その中には緩衝材としてか砂が敷き詰められ、
 一回り小さな銅の箱が入っていた。

 しかし肝心のその銅の箱の中身はどれも空だった。

 かろうじて一つだけ、
 まだ封印が解かれていない箱もあるのだが、
 進んで開けようという者は一人もいなかった。

 これらの箱のほとんどはある遺跡の
 神殿のような場所の櫃《ひつ》にまとめて収められていたのだが、
 その櫃に古代の文字でこうあったのだ。
 
『この箱を持つすべての者は、黄金と楽園の夢を見るだろう。
 だが、この箱を開ける者は、その夢を現実のものとして味わうか、
 夢破れて絶望と悔恨を味わうかのどちらかになるだろう』

 

 ちなみにこの遺跡と箱、
 ある農家のおじいさんが畑を散歩しているときに発見された。

 地面からちょっと顔を出していた
 割れた箱の一つにつまづいてしまったのである。

 運悪く、その時転んで頭を打ったおじいさんは
 ポックリとあの世へ旅立ってしまった。

 九十歳を超えるご高齢でもあり、箱が原因とも言いがたいのだが、
 こういったことは総じて噂に尾ひれがつくものである。

 すでにネットやマスコミで騒がれており、
『呪いの箱』などと呼ばれている。

 同年代の遺跡はすでにこの畑周辺の土地から
 いくつか発見されており、新たに研究者の名前が
 歴史に残るほどの代物でもなさそうだ。

 そのうえもし万が一これが本当に『呪いの箱』だった場合、
 ファラオの呪いならぬ
『おじいちゃんの呪い』でバタバタと人が死んでゆく
 最初の一人として歴史に名前が残ってしまう可能性すらある。

 そんなわけで、誰も名乗りをあげぬまま、
 今日まで箱は開けられずじまいだった。 


 しかしある日、勇者が出現した。

 あの封泥の印と同じ模様の粘土の塊が家の蔵にある、
 という青年が現れたのだ。

……(続きはこちらで⇒http://p.booklog.jp/book/92804 )




☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆ 



NHKで特集されていた番組で、『封泥』のことを取り扱っていたもので。

そんな大昔に、そこまでしっかりと封をするほどの箱の中身は何だったんだろう、
と考え…… こんなお話となりました。

『封泥』のことは自分なりにネット等で調べつつ。 (^ェ^);


そしてこれを投稿してから、『ショートショートの広場』の……
たしか1、とか2とかかなり初期を一冊を読み直したら

(ショートショートを書くにあたって、ネタやアイデアがかぶっていないか心配だったため、
星さんのほぼ全作品を読み直した時期があり、その後
『ショートショートの広場』等を読み直しました。m(_ _)m)、

スケールや世界観は宇宙的で真逆ですがオチの方向性は同じお話が……。

遠い昔(小学生か中学生くらいかな?)に一度読んだだけで忘れていたとはいえ、
深層心理でそのお話の影響を受けていたかもしれません。(^ェ^);


読んでる方にとってはたぶんどうでも良い話ですが、
『おじいちゃんのの呪い』にするか『おじいちゃんの畑の呪い』にするか
『おじいちゃんの畑の箱の呪い』にするべきだったかと未だに悩んだりしています。笑

『ファラオ』は称号で『王』と訳されるものなので、そこで合わせるとやっぱり
”『おじいちゃん』の呪い”で合ってるとは思うんですが……。

悩むくらいならいっそカットしてもいいんだけど、でもコミカルさが抜けるのも悲しいし!!
とか。


意外と変なところでこだわったり、悩んだりして何度も修正したり
時間がかかったりしています。

うん、バカなんですね、基本的に。(TェT)


しかし一話目の始まりにしたら硬すぎるだろうか……(‐ェ‐);

順番は、『優しい人』『続・優しい人』以外は、
ショートショートとして書いた順番そのままにしてしまったので。



そうそう、本のタイトルである『ショートショートの国』も、
講談社さんの『ショートショートの○○』シリーズの影響ももちろんありますが、

『不思議の国のアリス』と、自作『雲の国の絵かき』等の影響も含めつつ。

もし講談社さんから怒られたら直します……(TェT)。

基本的にパラレル日本が舞台のつもりで書いていますが、
どのお話にもあえて国名は特定して書いていません。

なので、登場人物の名前がない場合にはお好きな国や人、
俳優さんなどで想像して読んでいただけたらと。m(_ _)m。+.。゚:;。+







88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月12日月曜日

迷いにゃんこ×2












ここ2、3日?

何やら猫達のケンカ声がするなぁと思っていたら、
見かけない猫さんが二匹も。

一匹は、いかにも「良いとこで育ちました」なロシアンブルー(?)系。

丸々としているし、食べ物に不自由していた感じも怪我もないので、
この近くで飼われている子が脱走してきたのかなぁ、と……。

でも首輪があるのですが、けっこうボロボロなので、それからすると
家を出てからけっこうたっているのかもしれないし……。(‐ェ‐);


一応うちの猫達が怒るのであれですが、お腹ゴロンなどもしてくれますし、
触らせてくれます。人慣れはしている様子。


さて公開捜査……というか飼い主さんに探していないか呼びかけたものか、
この辺の猫がたまたまうちまで来ただけなのか……悩み中です。



もう一匹は、こちら。




ちょっと大きいけれどたぶんまだ子猫ちゃん♪(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

手足が長く、なついてくれてます!
抱っこもハナチューもさせてくれてます(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

対照的にガリガリで、しっぽも怪我があり、汚れてます……ので、
たぶん野良決定だと……うちで飼ってもいいかな?!

茶虎系初めて!!(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+ (飼う気まんまん)


やはりうちの猫達がまだ怒るので、すぐに家の中に入れたりとかはできませんが、
(今は納屋に毛布等をしいて寝せています。)
ジャックの時もそうだったし、徐々に慣れてくれればうちの子になるのではないか、と。



しかし今日、ほぼ初対面だったのに、二匹とも触らせてくれるし
写真まで撮らせてくれるとは……。

やはり猫は可愛いです♪(^ェ^)。+.。゚:;。+




88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】

2015年1月10日土曜日

チャリティーなあれとか。





ところでスターウォーズの絵文字を探してたら
行き着いた海外のサイトさんがすごかった件。w


                   ____==========_______
        _--____   |    | ""  " "|       \
       /  )8}  ^^^| 0  |  =     |  o  0  |
     </_ +-==B vvv|""  |  =     | '  "" "|
        \_____/   |____|________|________|
                 (_(  )\________/___(  )__)
                   |\  \            /  /\    
                   | \  \          /  /\ \      
                   | |\  \        /  /  \ \    
                   (  )(  )       (  \   (  )
                    \  / /        \  \   \  \    
                     \|  |\        \  \  |  |
                      |  | )____    \  \ \  )___      
                      (  )  /  /    (  )  (/  /
                     /___\ /__/     /___\ /__/
The AT-AT, By Core21

                      .-.
                      |_:_|
                     /(_Y_)\
                    ( \/M\/ )
 '.               _.'-/'-'\-'._
   ':           _/.--'[[[[]'--.\_
     ':        /_'  : |::"| :  '.\
       ':     //   ./ |oUU| \.'  :\
         ':  _:'..' \_|___|_/ :   :|
           ':.  .'  |_[___]_|  :.':\
            [::\ |  :  | |  :   ; : \
             '-'   \/'.| |.' \  .;.' |
             |\_    \  '-'   :       |
             |  \    \ .:    :   |   |
             |   \    | '.   :    \  |
             /       \   :. .;       |
            /     |   |  :__/     :  \\
           |  |   |    \:   | \   |   ||
          /    \  : :  |:   /  |__|   /|
      snd |     : : :_/_|  /'._\  '--|_\
          /___.-/_|-'   \  \
                         '-'

Shanaka Dias - edias@alpha1.curtin.edu.au


【Star Wars - science fantasy - science fiction 】
http://www.chris.com/ascii/index.php?art=movies/star%20wars







88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】


2015年1月6日火曜日

お正月のいろいろ②




 載せ忘れた猫サイズミニおせちの中身♪↑(毎年母が詰めてくれています)(^ェ^);


 なんだか風邪で一日寝てすごしたら、ものすっごく休んだ感が……(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+

そういえば兄さん、今年もみんなにお年玉をありがとう!!

ってゆうか、無事に名古屋に着いたのだろうか?
なぜ今回は連絡がないのか。日本国内だからですか?


やっぱり帰りの切符を予約せなんだら新幹線に乗れなかったのだろうか……

そういえば、名古屋の若い人はあまり「みゃー」とか
「にゃー」とか言わないらしいので残念。夢の地域だと思っていたのに! (TェT)



はい、そしてお正月写真の第二弾。

元日に初詣に廻った、近所のお宮。









両サイドにセミの抜け殻が!!(>ェ<)☆。+.。゚:;。+

しかもなぜかみんな歯のポイントに!!

何やら可愛らしい。(*´ェ`*)♥。+.。゚:;。+





あ、最後に一応、今年の初日の出。(^ェ^);

ではでは、改めまして今年もどうぞよろしくお願いいたします!!(^ω^)ノ☆。+.。゚:;。+





88
 【幻灯花ART-Pictures・Illustrations:イラスト代表作一覧】